2013年2月11日月曜日

引越し完了

Google+ では既に書きましたが、なんとか年末に引越しが終わりました。
こちら米国で家のオーナーになるのは日本以上にいろいろ大変で、かなりバタバタしていましたが、ようやく落ち着いて来ました。

家の購入手続きは、オンラインのサインでもかまわないという意味では日本より楽なんですが、そもそもサインの量が凄まじい数になります。
購入のためにはオークションに勝ち抜かなくてはいけないんですが、そのオークションのオファーを作るためだけでも相当な数の書類を作成します。
また、オークションに勝ち抜いた後は、エスクロー期間中に契約書などにサインするわけですが、これがまた膨大な量になります。

そして、そんなこと以上に大変なのが、家の修理や改造です。
今回私が買ったのは築20年のタウンハウスなので、こちらの基準では、それほど古くはありません。また、前のオーナーさんは、シングルマザーで息子さんも大学生で寮に住んでいたので、あまり家は使ってる様子はなく、かなり綺麗な方でした。

これが古い家だと、何もかも自分で手直ししないといけなくなります。
この写真の友達の家には、ガレージに新品のドアが6つありましたが、彼はドアを全部自分でインストールしなおしたのです。



こういうドアはホーム・デポという店で普通に売ってます。ドアどころか、下水用の5mくらいあるパイプまで売ってますww 
こんなものは、普通の車では持って帰れませんが、こちらではトラックのレンタルは気軽にできるので、それでもって帰ってくるのです。
とりつけや、前に付いているドアを外す道具も売っていて、この友人は金属でも切れる、こんなドリルを購入していましたw



うちは、それほど古い家ではないので、そこまでの手直しはいりませんが、それでも実際に引っ越してきて住むとなると、いろいろと気に入らないところがあります。
まず、美佳が気に入らなかったのは、ベッドルームの壁と天井の色です。
前のオーナーさんは、アフリカ系アメリカ人だったからか、結構趣味のいい濃い緑を基調に壁の色や室内の装飾を整えていました。

でも、美佳はその趣味の良い濃い緑を潰して水色とピンク色にしたいと言い出しました。日本の基準では想像出来ませんが、こちらではそういうペンキ塗りも自分たちでやるのが当たり前です。
人を雇うことも可能ですが、大抵雇っても時間通りにはきません。来ても仕事ぶりは必ず予想以下です。そして値段だけは異常に高いのです。(来るだけで、一切何もしなくても最低300ドルします。このサンフランシスコ・ベイエリアは、全米トップクラスでお金持ちが多いエリアなので、こういう労働賃金は異常に高くなっています。)

今回、エスクローのクローズ(契約完了)から引越しまで4日しか猶予を設定していたのですが、書類の不備(売却主のエージェントがかなり酷い人でした)やらで遅れに遅れ、結局二日間でペンキ塗りを仕上げる羽目になりました。
幸い、手のあいた同僚や、ちょうどカリフォルニアに来ていたボブさんに助けてもらってなんとかペンキ塗りは終了し、無事に年内の引越しまでこぎつけました。


美佳はペンキ塗りの際、水色の部屋にはこんな絵を書いていましたw

そして新年は、日本料理店で予約していたおせち料理をダンボールだらけの家に友人たちを呼んで味わいました。





新年を祝った後も、台所のディスポーザーの修理をしたり、ディッシュウォッシャー(皿洗い機)を直そうとばらしてみたり、ドアのとりつけを調整してみたり、カーテンレールやブラインドをインストールしなおしたりと、ほぼ毎日のように家の手直しをしていました。
前のオーナーさんがアフリカ系だからか、いろんなもののとりつけなどが、かなりいい加減で正常に動かないものが多かったんです。

たとえば、エアコンのコントロールパネル(これもホームデポで売ってますw)は、かなりいいものだったんですが、ボタンを押すたびに設定がリセットされてしまいます。そのままだと温度設定さえできなかったんですが、原因は取り付けがいい加減で、ネジが出っ張っていたため、電池がほとんど外れかけていて、ボタンを押すたびにショックで電池が離れて電気が通らなくなることでした。



ディッシュウォッシャーなど自分ではやりきれないところは、コントラクターやハンディマンなどの業者を呼びましたが、作業が失敗しても呼ぶだけで最低300ドルかかるので、あまりありがたくありません。
また、メキシカンのコントラクタは安いんですが、仕上がりは非常に悪いwので、はっきりいって自分でやった方がましです。
(カーペットのインストールを頼んだんですが、固定するための釘が数カ所カーペットからつきだしたままでしたw)
韓国系のコントラクタは日本人に近い品質だという評判だったので、頼んでみたのですが、値段は日本人と同じくらい高く、仕上がりはメキシカンに近いレベルで最悪でしたw
そういうわけで、結構自分でやることが多く、かなりバタバタしていました。

また、コンドミニアム(マンション)の時と違って、一軒家では近所付き合いが結構あります。色々と助けてくれてありがたい面もありますが、近所の目は結構厳しいものがあり、あまり下手なことはできません。
私も入居直後、ゴミの捨て方でお小言をくらいましたw
(日本でさえ、ゴミの捨て方で注文つけられたことはないんですがw)

(鍵はこんな柄のものにされてしまいましたw)


(以前のペニンシュラと比べて、空気が多少汚い気がするので、空気清浄機を買いましたが、こんな大きさですwww)



(今度住むことになった街は、毎週土曜日、こんな朝市が開かれています。サウスベイなので、ペニンシュラよりは多少田舎ですが、野菜果物は新鮮なものが多いようですね。)





今日は知り合いのところからベッドを運び(これも自分でやりましたw)、自宅で組み立てました。
まだまだやらないと行けない作業はありますが、これでひと通り、生活環境は整いました。
米国在住3年目、いよいよ我が家での生活が始まりました。




寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

珍獣寒汰の研究成果はこちらで発表しています。寒汰物語

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

世界一セクシーな制服、タイ女子大生の制服パッツンに関するコミュニテイはこちらです。
タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿