2012年4月8日日曜日

ハーフムーンベイでのカニの買い出し

うちではよく近所の中華スーパーで生きたカニを買って来て料理する。それを聞いた同僚のSさん、その彼女のHさんも生きたカニを買って調理したくなってきたそうだ。
どうせ買うなら本当によいカニを買おうということで、昨日太平洋岸のハーフムーンベイまでカニを買いに行った。



前にも書いたが、うちの家から渋滞がなければわずか30分で太平洋岸のハーフムーンベイに行くことができる。

ハーフムーンベイには小さな港があり、大抵の船はヨットなのだけれども実は漁船もいたらしい。
魚を買えるフィッシュマーケットもいくつかあるみたいなのだけれども、ここハーフムーンベイでは、船で漁師さんから直に魚を買うこともできるのがスタイルだそうだ。

各ドックにどんな魚をあがっているのか、ホワイトボードに書かれている。実際、この日はほとんど魚はあがっていなくてカニをあげてる一隻だけ。そのカニ漁船も予約分しか売れないとのことだったのだけれども、買い方がわかっただけでも収穫だった。
予約していたおばちゃんは、目の前でカニを二十匹くらい買っていたが、あれは自家用なのだろうかw


Pier の入り口にあるホワイトボード。今回は残念ながらカニの漁船が一隻だけ。





カニ漁用のケージ。車で毎日持って帰るようだ。


この日、カニをあげていた漁船の夫婦。

この日はもうカニもシーズンがほとんど終わりかけでそれほど量もあがってないことから予約している人の分だけしかないとのことで、今回は直に買うのは断念。
フィッシュマーケットに行くことにした。

2箇所行ったフィッシュマーケットはどちらも小さかったけれども、意外と種類は豊富。覚えているだけでも、クラム貝、牡蠣、サーモン、カジキ、Red Snapper, Sword Fish などがあった。
今回は、大人4人なので大きなカニを二匹だけ購入。ついでにクラム貝を3,4ポンド購入。値段は合計60ドル。カニは一匹あたり10ドル強なので、近所のスーパーで買う生きたカニとそれほど変わらないけれども、大きさと味は全然違った。









買い物をすますと、店員さんが大きなダンボールいっぱいに氷、カニ、クラム貝をつめてくれた。このボリューム感はアメリカならではかなw

買った後はすぐに家に帰る。わずか30分で家までつくので家についた時はカニはまだまだ元気。すぐにカニを洗い、海水並みに塩を加えたお湯をわかしてカニを茹でる準備を整えた。

SさんHさんが家で作ったフランスパンや持ってきてくれたチーズ、そして美佳が手際よく用意したクラム貝などをつまみに白ワインを飲みながらお湯がわくのを待つ。



驚いたのだけど、このクラム貝からして味がぜんぜん違う。スーパーで買うものと違って味に嫌味がまったくなく臭みもなく、クリーミー。いくらでも食べれる。また、イサーン風のスパイシーなソースともものすごくあう。最初は買いすぎたかと思ったけど、3ポンドを4人ですぐに食べてしまった。

お湯がわいたところで、さっき洗ったカニを生きたまま投入する。アーメン


茹で上がったカニは、これまたものすごく美味しい! やはり同じ生きたカニでもスーパーで買ってくるのとは全然違う。写真のように大量のレモン(これは SさんHさんの友人宅の自家製らしい)を用意したけど、レモンさえ全く要らない。

不思議なほど癖がなく、自然な甘みさえある身がぷりぷりしていて、そのままでいくらでも食べれてしまう。
そして、この美味しいカニに白ワインがよく合う。
ワイワイ話しながらも1時間ほどで二匹を平らげてしまった。
土曜日の昼間からこうやって地元のワイン、カニを食べてゆっくりくつろげるのは、やはりこの地域ならでなの楽しみ方かな。

世界でも有数なワインの産地ナパまで車で一時間、太平洋岸まで車でわずか30分。職場である本社まで車で約20分。こういう環境は全米の中でも相当恵まれている方かもしれないけど、こういうところで仕事やってる良さを精一杯味わいたいと思う。

なお、これだけ環境が整っている反面、サンフランシスコ・ベイエリアは今や全米で最も地価が高い地域になり、その割に凸凹場所も遊び場所も大してなく、毎晩嫁に課せられる強制労働に耐えなければならないというマイナス面もありますw


寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

珍獣寒汰の研究成果はこちらで発表しています。寒汰物語

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿