2012年3月26日月曜日

セレブ・タイ人の家の誕生日パーティー

ある日美佳が「知り合いのタイ人の子供の誕生日パーティーに招かれてる」と言い出しました。
まあ、どうせうちの家と同じ程度の普通の家のパーティーかと思ってたのですが、前日に住所を知って驚きました。

他の国や地域でもそうなのですが、住所を聞くとだいたいどの程度の家かわかります。ここ San Francisco Bay Area では San Francisco 市内をのぞけば、スタンフォード大のある Palo Alto がまず一番高級住宅街で、そこに近いほど高級です。
また、API (Academic Performance Index 日本で言うところの学校の偏差値)が高いほど、高級住宅街になります。教育費が高騰しまくっている米国では、ほんの少しでも成績のよい公立学校のあるところに皆が住みたがるからです。

また、同じ市でも場所によってかなり様相が違います。101という主要高速道路の近くは街もどことなく汚く、ヒスパニックが多くてあまりよい地区ではありません。一方、山側の丘の方になるとマンション (豪華な一軒家)が並ぶ超高級住宅街になります。
また、海の方に行くと再開発されていて綺麗な一軒家が並んでいたりして、こちらは小金持ちの住むところです。

東京でも下町は安く、それを挟んで山の手とお台場あたりの海側は高級住宅街があるのと同じようなものでしょうか。

うちの家は Peninsula (Bay Area のほぼ真中の地域)の市で、市としてはたぶん高級だとみなされてるほうです。その市の中では101と丘の超高級住宅街の丁度まんなかで、うちの家から数百メートル先から豪華な一軒家が並ぶ丘が始まります。
うちの家は、まあ一言で言えば、中流の中のド中流地区でしょう。

話がそれましたが、今回招かれた家はスタンフォード大よりさらに丘側で、地図で見ただけで高級住宅街とわかるところ。ストリートビューでみたら、やっぱりマンション(豪華な一軒家)でした。

一体どういう人の家かと思ったら、タイでは有名らしいスタンフォード大教授 Benjamin Van Roy さんと、その奥さんの家だそうです。夫婦共にタイ人で(Ben さんはハーフ)、タイでは知らない人はいないくらいだとか。(ただ、タイ事情に詳しい人に聞いてみましたところ、この Ben さんのことは知りませんでしたw)


ここのところ美佳が知り合いになるタイ人は、どうもこういうハイソな人が多いです。今一番仲がいいタイ人女性も、普段エルメスの靴をはいてたりして(ヒールをはく女性すら珍しいこの界隈でエルメスの靴は物凄く目立ちます!)最初からお嬢っぽいと思ってましたが、実家はバンコクの王宮近く(!)だそうで、タイから Berkley 大に留学させてもらってたり、家にはエルメスのバッグが山積みと本物のお嬢のようです。

ともあれ、アメリカでここまでセレブな家に招かれるのは初めてです。多少緊張しながら行って来ました。
30人から40人程度のパーティーと聞いていたのですが、実際はもっと多くて多分最大で100人近くいたんじゃないでしょうか。






Ben さんと奥さんのピー・ウン(เอิง)さんと挨拶させてもらいましたが、まあごく普通な感じでした。うちの会社にいる中華系タイ人のお嬢と見た目も話した感じもそっくりでした。
まあ、あの上品だけどちょっとせわしない感じはタイ上流中華特有のものなのかもしれません。日本の上流だとそれなりに気取ったものがあって、言葉や行動の裏の意図を読むのに、ある程度慣れが必要なんですが、タイの上流中華の人たちにはそういうものがない気がします。まあ、あっても私はタイ人ではないのでわからないだけかもしれませんが。

おうちの方はさすがに立派で広い庭にはプールがありました。プールがある家に呼ばれたのは、同僚のフランス人の実家の結婚式に呼ばれて以来ですね。
その前となると、はるかにさかのぼって高校の時付き合ってた彼女の家ですね。まあ、いずれにせよ滅多にない機会です。
(高校の時、つき合ってた彼女は「将来、うちの家のようなプール付きの家を買える人じゃないとつき合えない」とよく言ってました。当時、私の親の実家の庭園にはプールではなかったですが、大きな池wwがありましたし、将来プール付きの家は余裕で買えると思ってたので全然気にせず付き合ってました。ただ、自分がこの年になるとプール付きの家を買って維持する収入を得るのがどれだけ大変かよくわかります。 )

子供の誕生日なので、写真のような大きなオウムを使ったショーや、子供が卵やボードにペインティングするコーナーなどが用意されてましたが、大人向けにもバーや軽食がケータリングで用意されてました。サービスの方は近所のレストランから出張で来てました。

日本でも田舎の家だとケータリングサービスしてもらえるほど広さがありますが、アメリカのお金持ちの家だと余裕でケータリングサービスしてもらえる広さがあるからいいですね〜。

他にアメリカらしいと感じたのは子供の世話や軽食バーコーナーも、呼ばれたお客さんたちが積極的に手伝ってたことですね。
美佳と友だちの奥さんも子供たちの世話に走り回ってました。

私は他の旦那さんやタイ人の人と軽くお酒を飲みながら話をさせてもらってたんですが、大抵の人は私と同じ業界に働いてるか、Berkley (เอิงさんは Berkley 大出身らしい)大や Stanford 大出身だったりするんで結構狭い世界ですね。うちの会社の同僚たちと話してるのと同じような感じです。

業界の噂話や、タイ嫁を持つ苦労が話題の中心だったんですが、私が日本人だとわかると一人のタイ人が急にドラえもんの話をしてきました。
タイでは日本以上にどらえもんが人気なので、それ自体は驚きませんが、彼はドラえもんが大好きなのは彼はミートボールだとずっと思ってたようです。
今度サンノゼのスーパーで本物のどら焼きでも買って持って行って上げようかと思ってますw

ともあれ、一度も会ったことがない人の家に招かれたので、最初はどうしようかと思ったのですが、行ってみると思いの外楽しかった週末でした。




寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

珍獣寒汰の研究成果はこちらで発表しています。寒汰物語

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿