2012年3月19日月曜日

チェリー

さくらそっくりのアーモンドの花を前回のエントリで紹介しましたが、実はさくら(というよりチェリーと呼ぶべきか)の花もあります。
日本ほど寒くならない気候のせいなのか、それともアーモンドがやはり梅よりはさくらに近いせいか、アーモンドの木の花が終わると、すぐにさくら(チェリー)の季節になります。
先週今週くらいがさくらの見頃のようで、そこら中でさくらを見ることができます。

日本のソメイヨシノとはやはり違っていて、ほとんど真っ白に近い花が多いです。
また、日本では見たことがないような種類のさくらもあります。

この写真のさくらは特に目に止まったので写真に撮ってみました。



薄いピンクの花びら、ほとんど赤に近い濃いつぼみ、そしてきれいな薄緑の葉の三色がまじていて、これはこれで綺麗です。
一方、先々週くらいまで綺麗に咲いていたアーモンドの木は今はこうなっています。

(今週)


(2月24日の)

桜の場合、散ると新緑が見えてきますが、アーモンドは花もあまり散らないですし、ちった後はこういう濃い朱色になるようです。

先週からデイライトセービング(サマータイム)に入り、もう夜の7時くらいまで明るいカリフォルニアはすっかり春模様...と言いたいところですが、この一週間ほどは急に寒さが戻りました。
日本でもさくらのシーズンには花冷えがあるのと同じでしょうか。
今日も気温は50度を割り込み(摂氏一桁)、雨も続いているのでまるで冬のようでした。
(こちらは地中海性気候なので冬に雨が降ります。)

なお、こちらでも「SAKURA」はアメリカ人にもよく知られた単語で、花を指す場合はチェリーというより SAKURAという方が多いのじゃないかと思えるほどです。他にもウニも sea urchin というより uni の方が通じますし、kaizen (トヨタ発祥のプロセス改善運動の「改善」)も今や普通の英語になってます。
そういう単語を調べるのも面白いかもしれません。気が向けば一度やってみたいと思います。




尼羅は相変わらず元気です。最近はプリンセス人形がお気に入りですね。
ディズニーのお姫様シリーズ、こちらではスーパーでもどこでも売ってるんですが、中には日本では売ってない種類もあるみたいです。
まあ、ディズニー好きだとUSは住むのにいいかもしれませんね。

写真は、尼羅がお寿司屋さんでプリンセス人形で遊んでいるところです。
プリンセスたちは味噌汁が大好きなようで、このプリンセスとお味噌汁の妙な組み合わせにはお寿司屋さんのシェフも爆笑していました。

尼羅は最近、ようやく単語を話すようになってきました。数字はスペイン語で覚えていたのを今は、日本語と英語に矯正中。アルファベットは覚えたみたいですが、発音がまだおぼつかないですね。m と n の言い分けができません。どちらも同じ発音になってしまいます。
最近、外に出る時もオムツをしないようにしてるのですが、困るのがトイレのタイミングを自分では言ってくれないことです。
尼羅にかぎらず、子供は恥ずかしがって「トイレ」とはあまり言いたがらず、その代わりに自分で一人でトイレに行ったり、トイレに行きたいサインを出すようなのですが、尼羅はなかなかそのサインを出してくれません。

が、昨日ようやくサインを出してくれるようになりました。
フードコートで食事をしていたら、突如尼羅が席から降りて、パンツを脱ぎ始めました(爆)
フードコートのど真ん中だったので、大勢に丸見えです。自分でスカートもまくってたので凹も見えたみたいです。
近くの席にいた老婦人が文字通り目を丸くして唖然としてましたw

このままでは将来が怖いですw



寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

珍獣寒汰の研究成果はこちらで発表しています。寒汰物語

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿