2012年1月13日金曜日

Carmel Valley II

二日目は朝7時に起きて、朝食です。
木目調で落ち着いたコロニアルスタイルのダイニングで食べる朝食は優雅でよいものです。この部屋の暖炉は本当の薪を使った暖炉なのもいいですね。
ただ、うちも含めて子供が多いので、多少やかましいですw

朝食を終えた後は、子供をチャイルドケアに預けます。この日はコテージの一つを借りきって会社が手配したチャイルドケアのスタッフが7,8名居てくれました。
尼羅をチャイルドケアに預けるのは初めてなので多少不安ですが、チャイルドケアに慣れるよい機会でもあるので、この日は丸一日コースを選択しました。

尼羅を預けた後は、アクティビティごとにバスで出発します。
今回用意されたアクティビティはすごくたくさんあって、
  • 乗馬
  • カヤッキング
  • 水族館巡り
  • ホエールウォッチング
  • チョコレート作り
  • ワイナリ巡り
この倍くらいあったと思いますが、身の回りの人間が選択したのは上記のようなオプションです。

私は乗馬もしたかったのですが、まだやったことのないカヤッキングを選択してみました。
カヤックを選択した人はSOも含めて約10人。
バスで Monterey Bay まで出て、ショップでカヤックの装備を身につけます。
専用のパンツやライフジャケットなどを身につけますが、スキューバダイビングに比べればかなりの軽装です。
身支度がすんだ後は、皆ですぐに海岸に出てカヤックに乗り込みます。

夫婦/カップルで来ている人はタンデム(二人乗り)かシングル(一人乗り)か選べます。
同僚の中国人夫婦は最初タンデムと言っていたのですが、なぜか直前でシングルに変更しました。

すると、インストラクターが中国人同僚にこう言いました。
"Oh, sounds like your wife doesn't trust you."
これを聞いて一同大爆笑。

さらに、それを聞いた美佳が
"Why don't we take a tandem boat? You don't trust me?" 
と強い口調で聞いてくるので、私は思わず
"No, I don't" 
と、正直に答えてしまいましたw






この日の Monterey Bay は物凄い穏やかで、うねりすらほとんどない状態です。
気温もさして寒くなく、絶好の kayaking 日和でした。
私も美佳も、同僚の多くも kayaking は初めてでしたが、やってみると意外と簡単です。
漕ぎ方に多少のコツはありますが、10分もすれば、だいたい思い通りに進むことができます。

海上で時折休憩をはさみながら、湾内を海岸沿いに進んで行きました。
この日は信じられないほど海が澄んでいて、10m くらいの深さでも海底まではっきりみえます。
陸からはあまりそばでみれない seal を海面や breakwater の上で間近に見たり、海の中をゆっくり進んでいく巨大なクラゲを海面から見るのは、スキューバダイビングで見る水中の世界とはまた違った趣があります。
(スキューバだと視野が限られているし、立体感、スピード感があまりわいてきません)




この日のクラゲの大群はかなり見事だったのですが、偏光レンズなしではうまくとれなかったので、Web に転がっていた同じ種類のクラゲの写真を掲載しておきます。


(海だと流れがあるので、くらげが綺麗に同じ方向を向かって揃っているので
もっと綺麗です)

Kayaking は約2時間。いい運動にもなったし、何より初めての体験で面白かったです。ただ、スキューバをやってるグループを見かけたので次回は絶対にスキューバをやりたくなりました。
一応日本から軽器材は持ってきたので、使わないともったいないですし。

(続く)



寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」 
タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿