2011年11月18日金曜日

米国から見るTPP

日本ではTPP(Trans Pacific Partnership) で盛り上がっているようですね。
ブログ友達の凛さんからのリクエストもありますが、米国に住んでいる私からみて、不思議に思うことが2つほどあるので書き留めておきたいと思います。

1. 反対派が多い
TPPは、本来日本の国益にあうはずです。輸出産品で外貨を稼ぐ日本にとって自由貿易は絶対的に不可欠です。また世の中の流れにもあっています。
ミクロ的視点でみれば農業など保護政策をとりたい産業もありますが、比較優位という経済の大原則を考えれば、総合的には自由貿易が国益にかないます。
農業など不利益を直接被る産業の人が反対するのならともかく、本来得をする輸出産業の人まで反対をしているのは不思議です。
現政権が気に入らないからという理由が多いようですが、別に交渉は長期にわたっておこなわれるわけですし、現政権の影響力など微々たるものです。それよりは交渉開始が遅れるほうがルール作りで遅れをとるぶん、不利になるわけなのに、そこを理性的に判断できないのはとても不思議に思えます。
また、著作権問題を気にする人も多いようですが、消費者として損をすることより自分が勤める会社や産業が不利益を被らなくなることはどうして発想がいかないのか不思議です。問題点だけに過剰に目がいくところは、日本人の特徴でもありますが、それも最近かなり極端になってきたように思えます。

2. TPPでの盛り上がり
日本ではTPPで大盛り上がりを見せていますが、米国でははっきり言ってTPPはほとんど報道されていません。もちろん探せば報道は見つかりますが、全体の中ではかなり少ないボリュームです。
そもそも、ほとんどの米国人はTPPの名前すら知りません
私の周囲のアメリカ人は知的レベルがかなり高い人達だと思いますが、そのうち誰一人TPPは知りませんでした。
これにはいくつか理由があるでしょう。

  • 米国はそもそもアジア太平洋地域に関心は薄いし、それはこの10年ほど特にその傾向が強い。
  • TPPがうまくいくかどうかなど全くわからないので騒ぐ時期でもない
  • 米国はNAFTAもあるし、個別FTA交渉もそれなりに進んでいるのでTPPが相対的に重要でもない


日本にいるとあまり意識しないかもしれませんが、そもそも米国は日本を含むアジア太平洋地域には、ここ10年ほど関心が薄くなっています。
さらに、TPP の報道には必ず challenge (日本語ではポジティブな意味ですが英語では「課題」というネガティブな意味で使うことが多いです)という言葉がつくのですが、米国の専門家もおそらくTPPがうまくいくかどうかには懐疑的なのでしょう。日本以外小国しか入っておらず、しかも問題山積な交渉に今から関心を持てという方が無茶なのかもしれません。

それでいて、どうして日本だけが盛り上がっているのかというと、日本は FTA に関してほとんど成功していないから、TPP だけしかない、という現状があるのだと考えられます。

貿易への依存度がここまで高い国でなぜ国内で保護貿易論が強いのかとても不思議ですが、そういう自己矛盾した世論を抱えている日本という国が経済外交上瀬戸際まで追い込まれつつあるというのが米国に居ると見えてきます。

一方、TPPの一つの目的は保護政策をとりがちな中国に圧力をかけるという面もあるのですが、それにおいては一定の成果をあげているようで、中国紙にはTPPに関する過敏な反応がでているようです。

当のアメリカがほとんど無関心なTPPに、日本は国を二分する議論で盛り上がり、中国は過敏な反応を示すという構図は非常に興味深いですね。



寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」 
タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿