2011年11月2日水曜日

Miss Loi Krathon



今年もサンフランシスコ市内のロイクラトーン祭りに行ってきました。
去年、まだこちらに移り住んだばかりの時にボブさんと一緒に行ったイベントです。

まあ、日本のタイフェスティバルや本場のロイクラトーンに比べたら、あまりに小さい催しですが、タイ人もそれほど多くないサンフランシスコ・ベイエリアでタイを感じる貴重な機会です。

ちなみに、下のが去年の尼羅の写真ですが、今年の写真と比べるとかなり大きくなったのもわかりますね。


(去年のロイクラトーン祭り)

今回、お祭りに入るとたまたま美人コンテスト、ミス・ロイクラトーンをやっていました。美佳は内心、これに出場したかったようで食い入るように見ていました。
「ミス」じゃないけど、タイからみたらほぼ地球の反対側のサンフランシスコのお祭りだからミセスでも十分ありなんですかねw

ただ、見てると単に綺麗なだけではダメですね。タイ人らしいゴージャスな着飾りがいりますし、質疑応答にもそつなく答えることが重要そうです。
今回のコンテストでの質問は「ミス・ロイクラトーンに選ばれたとしたら、タイ文化をサンフランシスコ・ベイエリアに浸透させるのにどのように貢献するか」でした。
美佳は出場を狙ってますが、あの衣装をそろえるのは誰か、そして立派な答えができるかどうかを考えると少し気が遠くなります。





マライを持って行く前、美佳には何度も「どの女の子が一番いいと思うか」聞かれたのですが、そんな凸の寿命が縮まることを気軽に答えられるわけがありません。
ひたすら「自分(美佳)が一番いいと思う女の子にマライを持っていけ」と言いはりました。

また、ステージ上の候補者が客席に微笑む時も、私は極力目線があわないようにしてました。
知らない女の子と目線があっただけで凸を切り落とされることも十分ありうるのは、タイ人の嫁を持つ人なら理解してくれると思いますw

美佳と尼羅は左端の女の子(茶色のスカートの娘)にマライを持っていったのですが、結局、優勝したのは左から二番目の女の子(ピンクのスカートの娘)でした。



ロイクラトーン祭りの後、近くの日本庭園によってきました。
サンフランシスコのゴールデンゲートパークに日本庭園があるのは知っていましたが、入るのは初めてです。
思いの外立派な庭でびっくりしました。






庭園内では撮影している人も多かったですね。
喫茶店があったので、そこで一服したのですが、お茶の味とお茶菓子はここはアメリカなのだと痛烈に感じさせるものでしたw

日本の庭園によくある茶室を期待した私が間違っていたようです。

ともあれ、ベイエリアに移り住んで二年目ですが、まあ大きな事故もなくなんとか暮らせています。




寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」 
タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿