2011年11月30日水曜日

Lake Tahoe in Thanksgiving Day II

Lake Tahoe 湖畔のホテルに一泊した翌日、家族でスノボにでかけました。
ホテル内のレンタルショップでボードとスキーを受け取り、半ブロックだけゴンドラの駅まで歩きます。
半ブロックなんて全然大したことない距離なんですが、うちの場合、子供がいるのと嫁がスキー慣れしてなくてやたらたくさん荷物を持って行きたがるので、結構悲惨ですw
私は自分のボードと嫁のスキー板、ストック、スキー靴を持って歩いたんですが、ちょっとした罰ゲームですねw



 



ゴンドラステーションでチケットを買うのに意外と時間がかかりました。一時間ほど待ちましたw 10年くらい前に来た時も、同じくらい待った記憶があります。
今はネットで事前に買えるので次回はそうするべきですね。(7日以上前に買うと、家にNFCカードが郵送されてきます)
ゴンドラの値段は、リフト代込みで半日66ドルだったかな。(一日だと88ドル)
日本のスキー場と同じくらいの値段でしょうか。

日本のスキー場よりはるかに空いているし、山がとにかく大きいところはよいのですが、ナイターがないので、ゴンドラ代、リフト代に関してはどっちがお得かは微妙かもしれません。

ゴンドラに乗って山頂にあがっていくと、だんだん雪が増えていきます。
ありえないほど真っ青な空に Lake Tahoe の美しい湖面が目の前に広がり、景色は最高です。
ステーションにつくと人でいっぱいでした。スキースノボする人だけでなく、観光で着てる人が結構居ます。

観光客もあわせてインド人やタイ人など母国で雪がない人が特に多い気がします。
私がリフトで一緒した人の一人はブラジル人でした。やはり国で雪がないからスキーを一度やりたかったのだとか。

インド人はジーンズと普通のコートのままスキーしてる人も結構いてびっくりします。転んだら物凄く寒くなりそうですがw

ともあれ、リフトステーションの近くで私と美佳が交代で番をしながら滑ることにします。
私はスノボを最初にやったのが約10年前。当時の日本人彼女が必死で教えてくれたので、滑り方を忘れると申し訳ない気がしてるのですが、最後に滑ってからもう4年くらいたっています。
(最後に滑ったのは、美佳と苗場に行った時です。)

4年前に比べても圧倒的に体力がなくなっていて自分でもショックでしたw
スノボのシューズを履くだけでハアハア言ってしまいました。
年なのか、米国の車生活でスポイルされているのか。
全くだめですね。





それでも、滑ってるうちになんとか踵側へのターンは思い出せて、つま先側へのターンがおぼろげにできるようにはなりました。

まあ、超初心者状態なわけですが、それでも Lake Tahoe の美しい湖面を眺めながら滑るのは本当に最高の気分です。
こんな遊びがリーズナブルな値段で、しかも自宅からわずか4時間のところで出来るのが米国のいいところですね。

尼羅は雪の初体験なので、はしゃぎまわってました。手袋をしてあげてたのですが、もどかしいらしく、途中から脱いでしまい、最後は靴も靴下も脱いで裸足で雪の中で暴れまわってました。
手が真赤どころか赤紫色になるまでやめなかったあたり、よほど興奮してたみたいですね。









午後4時を過ぎるとリフトがとまりはじめるので、3人でゴンドラに乗って山麓に戻りました。ナイターがないのがちょっと残念なのですが、ここはネバダとの州境。ネバダ側にはカジノがたんまりある場所ですから、ナイターなどやっても誰もスキーなんかしないのからかもしれませんw

ゴンドラに乗るとちょうど夕暮れ時になっていて、三人でしばらく美しい湖の夕暮れに見入ってました。
レンタルしていたスキーグッズを返してから、荷物を車に搭載して出発したのですが、ちょっと物足りないのはやはり温泉ですね。日本のスキー場だと近くに温泉があることが多いんですが、米国では温泉はめったにありません。
あってもスパなので、日本の温泉気分とはちょっと違うんです。
素晴らしいスキー環境なんですが、温泉がないのだけはちょっと残念ですね。





帰りの道も空いていて、Lake Tahoe を出発してから4時間たたないうちに自宅につきました。4時間くらいのドライブ、しかも夫婦で交代して運転すると、いかにメルセデスが重たい車でもほとんど疲れないですね。

いや、本当に手軽にスキーを満喫出来ました。
今回は、直前に突然思いついて行っただけなので、準備もしてなかったし一泊だけだったので少ししか滑れませんでしたが、次回はもうちょっとゆっくり滑ってきたいと思います。

ちなみに、私にスノボを教えてくれたのは昔の日本人彼女、スキーを教えてくれたのは日本人の元嫁というのは美佳には一生隠しておくつもりですww




寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」 
タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿