2011年7月14日木曜日

ソーシャルサイトの変遷とソーシャルグラフのリセット

ここ数日 Google+  に中毒状態なのだが、ユーザ体験(使い勝手)が非常にいい。
かゆいところに手が届くような機能が充実していて、使用感が本当に気持ちいい。
現在、アーリーアドプターしかいないせいか、やり取りされている情報もノイズが少なくて快適だ。



中立的に見て Facebook より遥かによくできている。
思えば、なぜ Facebook のあの酷い UI で今まで我慢していたのか不思議になるほどだ。


また、ポスト先や自分のサークル(友人)の表示を細かく制御できるのも嬉しい。
Facebook でプライバシーが問題になっているだけにこれは一般のユーザにとっても大きいだろう。


Google+ のユーザはわずか1千万人を越し、この週末には2千万人に達すると予想されている。
Facebook の足元は崩れだしているのかもしれない。

今までのソーシャルサイトの変遷を考えてみた。
思えば、今まで結構な数のソーシャルサイトに関わってきた。個人的に使っていたのもあるが、下記の半数は仕事として運営会社と一緒にプロジェクトを行って来た。

  • orkut
  • Friendster
  • hi5
  • mixi
  • openPNE 系 
  • mySpace
  • LinkedIn
  • twitter
  • Facebook
どのソーシャルサイトも一時はトップに近いユーザ数を誇っていたが、そのほとんどが数年のうちに他のソーシャルサイトにとって変わられている、あるいは変わられようとしている。
この中で今後も存続が期待できそうなのは手堅い LinkedIn くらいだろうか。
今は飛ぶ鳥を落とす勢いの Twitter や Facebook でさえ Google+ を見ていると数年後は危ういと思える。

この数年おきにソーシャルサイトのトッププレイヤーが移り変わるのは、恐らくそういう構造があるのではないかと思える。
恐らく、以下の3つほどがその原因となっているのだろう。


1) 技術革新 
新機能を追加していくとツギハギ状態になり全体として最適化されたユーザ体験(UX)が提供できない。だから後発のソーシャルサイトがどうしても有利になる。また、先進的な感覚を持つアーリーアドプターは、より新しい機能を持つサイトに魅力を感じ移りやすい。

2) ソーシャルグラフのリセット 
リアルなソーシャルグラフは維持が expensive なので自然に淘汰されていく。ところが、ネットのソーシャルグラフは維持や拡大が簡単な分、すぐに行き詰まる。「フレンド」が増えすぎると自由に発言できなくなり、また知的レベルのあわない人間からのノイズのコメントが増える。そこで、強制的にソーシャルグラフをリセットするために新しいソーシャルサイトに以降するモチベーションが生まれる。

3) Winner takes all 
反面、ソーシャルグラフは大きいことに意味があるので、ある閾値の大きさを超えたソーシャルサイトは自動的に全世界的に成功するようになる。つまり旧世代のソーシャルサイトは完全に新しいソーシャルサイトにとって変わられることになる。

特にこの 2) のソーシャルグラフのリセットが、ソーシャルサイトのトッププレイヤーが数年ごとに入れ替わる最大の要因となっていると思えてならない。
つまり、これはソーシャルサイトにとって構造的な問題なのだ。

これらを考えれば、今絶頂期にある Facebook も Google+ に1,2年のうちにもとって変わられ、そしてさらに数年後には Google+ もさらに新興のソーシャルサイトの追撃を受けるのだろう。

なお、Google+ に関しては Sparks に新しい世代の検索という意味でも可能性を感じる。Facebook が実現しようとしてると思われる Social Graph の重み付けを行なった検索機能を Google が先に実装しはじめた印象だ。
それについてはまた別の機会に詳しく書きたい。




と、今回は暗黒もパッツンも関係ない話になってしまったが、案外これは暗黒修行僧にも関係ある話かもしれない。

なぜなら、あれだけ大好きで通いまくっていたソイカやナナも、馴染みの女の子が増えすぎると、やがて息苦しくなってきたり、凸カットの危機にあう
数年おきに暗黒ソーシャルグラフのリセットに迫られる。

そして暗黒修行僧は、新たなソーシャルグラフの構築を求めてパタヤやチェンマイ、あるいはラオス、フィリピンなど別の国に転戦していくのだ。

ソーシャルサイトのトッププレイヤーが変わる頃になるとと修行僧も「そろそろ主戦場を移すかな」と感じ始めるようになってくるのかもしれない。

暗黒修行僧の皆さん、Facebook が流行り始めた頃の主戦場をそろそろ変えようとしていませんか?w



寒汰情報求む! - 寒汰リークス -

毎月魔尼羅に通う珍獣寒汰(さむた)! 彼を見かけた事のある方、是非情報の提供をお願いします。 重要な情報を提供してくださった方には金一封を差し上げることも検討しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。   http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」 
タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  
凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報
  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ
コメントを投稿