2011年1月18日火曜日

なんでも返品できる

日本は雪で大変なようですね。

こちら San Francisco Bay Area は先週くらいから急に暖かくなってきました。
本来は今から一番寒い雨季まっただかのはずなんですが、もう春のようです。

昼間は太陽が当たっているともう暑いくらいですね。
その気温の変化のせいか、ここ数日は朝もやがすごいです。

オフィスから雲海が見えたりするのがカッコイイです。






煙の出にくいロースターを買ったので、家で焼肉や鍋ものをやりやすくなりました。
これは昨日のしゃぶしゃぶ。
美佳は野菜や肉の盛り付けもうまいです。
肉なんてこういうお花のような形にきれいに盛ります。



こういうところにもタイ(イサーン)の食文化の豊かさを感じます。





USで本格的に暮らし始めて3ヶ月以上になります。
いろいろ慣れてはきましたが、最初はびっくりしたことがたくさんありました。

そのうちの一つは「返品」についてですかね。
こちらでは、返品が簡単にできます。

パッケージを空けてないものはもちろん、パッケージを破っていても、生鮮食品でも、時には開封したソースさえ、返品を受け付けてくれます。

本当はポリシー上はパッケージを開けていたらダメなんでしょうけど、係員も面倒なのかたいてい受け付けてくれます。

返品期限は店や商品によって違いますが、生鮮食品はさすがにその日のうち。そうでなければだいたい2週間程度あります。

方法はいたって簡単。レシートと品物をサービスカウンターに持って行って「返品したい」というだけ。なぜか説明する必要もないです。
たとえ聞かれても「気に入らなかったから」と言えばそれ以上何も言われません。

返金方法はデビットカードに入金してくれたり、クレジットカードの処理を取り消してくれる方法があります。

米国ではもはや返品が前提に商品が売られています。オンラインの靴の販売などは返品無料で売っていたりします。

靴なんてサイズがわからないから適当に3つくらいのサイズをオーダーして、自分にあうのだけを使って後は返品してしまうんです。

人にプレゼントを買うときはプレゼント用のレシートをくれます。友人にプレゼントを渡す時はそのレシート付きで渡すのが礼儀だそうです。
友人がプレゼントが気に入らなかったら簡単に返品できるからですw

詩華夜姫(しげよめ)尼に聞いた話では、パーティ会場に値札をつけたままのドレスを着た女性も居たとか。「値札?わざとよ。これ、後で返品するつもりだからw」

また、海外旅行に行くのにスーツケースを使って、その後しれっと返品した人もいるそうです。

さらに goose_usa さんに聞いた話では、タキシードの店では、客に「後で返品するのか」聞くそうですw
返品する予定の場合は、ペナルティの説明があるのだろうということです。
そうなると、ほとんどレンタルですねw

そんなのでビジネスが成り立つのか?といえば、意外と成り立つようです。
返品されたものは開封されてなければそのまま販売できますし、開封されていても、そういう品だけを集めたセールがあるからです。
さらに、それだけ返品が楽でも、意外と返品しない人が案外多いようです。

そして、返品があまり簡単だから、皆気軽に買い物をするのが大きいようです。

こういう文化は何か大きく間違っている気がしますが、こういうのに慣れないと米国で暮らしてられないのも確かです。

ちなみに、嫁を複数発注できるか、気にらないのは返品できるかはまだ未調査ですww



特派員66さん、どうぞよろしくお願いしますw



世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。
  http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」 

タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  

凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報

  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング
コメントを投稿