2010年12月24日金曜日

ヘレンばあさんの機知とジョーク

先のエントリで隣の部屋のクリスマスパーティーに招待されて行ったことを書きました。

パーティーといえば、ジョークが大事ですね。

同僚と話すのにはほとんど困らない私ですが、
ほとんど初対面の人たちと盛り上がれるかは正直不安がありました。

しかし、今回のパーティ、思ったよりはうまくできました。
隣の部屋の主、ヘレンばあさんの話題の豊富さと話術のうまさにも助けられて
それなりにうけるジョークを連発できたと思っています。

英語の冗談を日本語にすると、たいてい全く面白くない(実は何語でもジョークを翻訳するとたいてい面白くなくなってしまう)のですが、
一応参考までにどんなジョークを言ったかをいくつかご紹介します。

-------------------
私の嫁は英語があまりできません。でも、本人は自分で英語ができると思っています。
私やタイに来る米国人はタイ訛りの英語に慣れているからです。
米国に来てはじめて、嫁は自分がアメリカ人と話ができないことを実感しました。
そして私に言いました。「私、スペイン語の勉強をしなきゃ!
カリフォルニアは道路の名前などにスペイン語が多いので、嫁は自分の英語が通じないのは米国人が英語でなくスペイン語を話しているからだと思っていたのです。
-------------------
二歳の尼羅は大人の真似をよくします。
私や美佳が掃除をしていたら同じようにしようとするし、お出かけの準備も真似をします。
そんなある日、私は会社でかばんを開けて驚きました。
その日使う大事な書類がかばんの中に入っていなかったからです。
代わりにかばんの入っていたのは化粧品やおもちゃや、それにゴミでした。
私はこの素晴らしい手伝いが誰の仕業によるものか知っています。
-------------------
ヘレンのお孫さん「尼羅ちゃんがしゃべっているのは日本語?タイ語?それとも英語..かな?」
私「どれでもありません。彼女だけの言葉です。」
-------------------
ヘレン「どうして米国に来ることになったの?」
私「上司に本社で働けと言われたので」
ヘレン「まあ!素晴らしいわね。きっと上司の方はあなたの腕が本社で必要だと思ったのね。」
私「いえ。彼は私を身近で監視しないと心配だっただけです。」
-------------------

うーん、やっぱり日本語で書くと面白くともなんともないですね。
ま、でも、言うタイミングや話し方で、英語でならそれなりにウケをとることは可能です。

こういう初対面に近い人と交わすジョークってカラオケみたいなものかとも思います。
話が面白いかどうかよりも

  1. 話のテンポが心地よい 
  2. 音声の高低や抑揚が面白い 
  3. 斬新な言葉使いをしている

という点が重視されてる気がしますね。

さらに、ノンネイティブにはノンネイティブならではの強みもあって
意思疎通が円滑でないからこそ、話が通じた時に、お互いほっと安心して
思わず笑うというのがあります。

これらって英語に限らず、タイ語や他の言語で冗談を言う時にも通じることかと思います。

ところで、前エントリで書いた通り、ヘレンばあさんは只者ではなさそうです。
80歳は超えていそうなのに、はきはきと綺麗な英語を話し、
私の話を完璧に理解し、さらに話題が恐ろしく豊富です。

クラッシック音楽、京都や大阪の観光、タイのチェンマイ、チェンライの思い出話、
車の運転、役所の手続き、家の構造などなどどんな話題でも苦も無く対処して
機知に富んだ返事をしてきます。

とくに驚いたのが以下のやりとりでした。

ヘレン「あなた、お仕事は何をしているの?」
私「コンピュータ関係のX社で働いています」
ヘレン「あら、X社、とてもいいところじゃない」
私「ご存知でしたか? 私の両親はX社をいまだに知らなくて、息子がよく分からない怪しい企業で働いていると思っています」
ヘレン「あーら、X社はもちろんよく知っているわよ。よく分からない怪しい企業はY社ね。」

これ、私の勤めるX社をもちあげて、ライバル企業のY社をけなしているヨイショなのですが、80歳のおばあさんにとっては、恐ろしく難易度が高いはんずなんです。

まずY社とは、2,3年前に彗星のように現れた企業で、瞬く間に我社のライバルになりつめた優秀な企業です。
さすがに最近有名になってきたY社ですが、80歳のおばあさんだと、普通知るはずがないです。

さらに、このY社が我社とライバル関係ということをIT業界の人間なら知ってますが
一般の人はあまり知ってないはずです。

だから「私がX社に勤めているが、両親はX社をあまり知らない」と聞いた瞬間に
そのライバル社がどこかを一瞬で判断して「X社は知ってるけどY社は知らない」と切りかえしてくるのは並大抵でできる技ではありません。

あまりの見事な切り返しに、私どころか、一緒にいたお孫さん二人までも、思わず驚きの声をあげてしまいました。

いやー、このヘレンばあさん、本当に何者なんでしょうね。
尋常ではない頭のキレ方です。

今後お話するのが楽しみです。
もちろん、ヘレンばあさんの介護士のフィリピン人のお姉ちゃんとの話するのも楽しみですww

こんな凄そうな人たちが隣人になって始まった私と美佳、そして尼羅の米国生活ですが、いよいよ初のクリスマスを迎えようとしていますね。

Happy Holidays! 




世紀の珍獣・寒汰をウォッチするためのハッシュタグを作りました。
  http://twitter.com/#search?q=%23samuta   http://hashtags.org/samuta
  珍獣ウォッチにご興味のある方、どうぞご利用ください。    

タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」 

タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po
  

凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック
  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 タイ情報

  全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
 フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧  にほんブログ村 フィリピン情報

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング
コメントを投稿