2010年5月29日土曜日

暗黒の役立たず I

昔のエントリでも少し触れたのですが、凹売りたちと接していて不思議に思うことがあります。
それは、彼女らは思った以上に使えない、ということです。

タクシーを利用するとき、ホテルで何かを頼むとき、買い物を頼むとき、ふとした何かをするとき、
ごくごく簡単な用事を頼んでいるはずなのに、
なぜか彼女らは全く期待にこたえてくれないことが少なくありません。


毎日一緒に行っている、ホテルの隣のソイのクリーニング屋さんに行って
仕上がったクリーニングを受け取ってくるだけ、という
下手したら幼稚園児でも出来そうな
お使いさえこなせません。

ちなみに、タイの場合はまだかなりましな方です。
彼女らの期待裏切り度合いは、中進国タイよりも暗黒帝国フィリピンの方が遥かに多いですし、過激です。

本エントリでは、彼女らがどうして役に立たないかについて考察してみましょう。

実は、理由は多岐にわたります。この重ね合わせがあまりの役立たずっぷりに現れるのだと私は推測しています。
以下、その理由を列挙しましょう。

1. 男女の役割

大和の国のサムライたる我々には難題なのですが、そもそも海外ではレディーファーストが当たり前です。
フェミニスト(男女同権主義者)が猛威をふるうアメリカでも、都合のよい時はレディーファーストですし、そもそも育ちのよいアメリカ人は男女の区別なく誰にでも親切です。
さらに暗黒下層民に染み付いた依存心の強さがあります。
そこに男らしくリードするファラン客にちやほやされ慣れています。

そんな若い凹売りが、いい年こいた 日本人のオサーンをリードしようという気になるわけもなりません。

2. コミュニケーション能力

何回か述べていますが、暗黒凹売り階級は平均してかなり知能指数が低いです。頭が悪いです。それは偏見ではなくて所与のものとして考えなくてはいけません。

そして、頭が悪いゆえに説明がうまくできません。
「ハウスキーピングに電話してタオルを二枚追加で持ってくるように伝えておいて」
と凹売りに頼んでも、そんな難しい(笑)ことをホテルのスタッフに伝えられませんw

そもそも別言語にも等しい方言ばりばりの言葉ではホテルのスタッフとも意思疎通には障害があります。

さらに言うと、凹買いオサーンも頭が悪いので、自分が欲しいことを正確に伝えられません。

「えーっと、ホテル(ハウスキーピングのつもりw)に電話しなきゃな。なんだっけ、あれ、トーラサップ(in-house phoneのつもり w)でさ、頼んでくれないかな。ほら、あれ、君が昨日メンスで困っちゃったじゃない。いやあ、それにしても僕、昨晩は燃えちゃったなあ。初凹みたいでさあ。タオル汚れちゃったねえ。しかし生で凸凹は気持ちイイねえ。そう、だからね、タオルが汚れちゃったじゃない。僕、今からシャワー浴びるんだよ。終わったらMBKに買い物行こうね。トーラサップ(これは正しいw)買ってあげるよ。あ、夜ももう一回凸凹しようかw。 あはは、君もエッチだなあ。そう、だから、あれ、頼んだよ、よろしく。」

こんな支離滅裂な内容は、日本語ですら意味不明です。
現実には、これに加えて単語や文法も間違いが入りまくった英語やタイ語になってくるわけですから、
ナナプラザ一、IQが高い凹売り娘でさえ、これが「タオル二枚持ってきてもらっておいて」という意味だと理解するのは容易ではないでしょう。

ましてや知能指数も低く、クスリで頭がボーっとしている確率の高い凹売りに理解しろと言う方が無理です。

ま、凹売り娘も凹買いオサーンも、どっちも頭が悪いので、そもそも他人とのコミュニケーションが成り立ちにくいってことです。

さらに加えるなら、暗黒の民特有の安請け合いが混乱に輪をかけています。
上記みたいにイミフな頼まれごとをされても
「おーけーらん(はあと)」
と、にっこり言ってしまうからです。

当然、彼女は何を頼まれたのか、全く理解していませんw
後でオサーンが「頼んだことを全然やってないじゃないか!」と怒るのは目にみえています。

3. 分からない、知識がない、モラルがない

ドブネズミ階級の寒汰(さむた)氏ではない、我々普通の大和男児は普通のホテルに泊まります。
ですので、用事はそのホテルで発生することも多いです。

ところが、凹売りは自分ではホテルに泊まらないですし、ファラン客と一緒の場合はファラン客が自分で用事を済ませてしまうので出番がありません。

ですから、客がホテルで、何を求めているかが想像できないのです。
またホテルは何をしてくれるのか、どういう風に頼めばいいのかも、知るわけはありません。

小学生に物を頼むのに近いものがあります。たとえ天才小学生であったとしても、全く見も聞きもしたことがない用事を済ますのは至難の技です。

知識や経験がなければ、勘も働かないし、気の利かせようもありません。
そして、さらに言うなら、モラルも低いのでたとえ返事をしたとしても「何もしない方が楽」と思ってしまうのです。

タクシーに正しい道順を言えないのも同じです。

そもそも彼女らは地理感覚がありません。
どこに何があるかも外国人の我々以上に知りません。
真性暗黒凹売りだと、自分ひとりで職場にすらこれません。

もちろん彼女らは地図が読めません。
地図を読むのは実はかなり高度な抽象化作業を頭の中で行わないといけないのですが、
「地図が読めない女」どころか、多くの発展途上国では
男でも地図が読めませんww

地図が読めない人間に正しい道順を運転手に伝えることを期待するのが間違いですw

ついでに言うなら少なからぬタクシーの運転手でさえ地理感覚は弱いのでw
タクシーは今日も果てしなく遠回りをしていくことになります(笑)

(続く)




タイ関係の濃密な情報交換には最適なソーシャルサイトは、やっぱりThai:Po



凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック  


タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック  


フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報  



にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング
コメントを投稿