2010年5月4日火曜日

駐在員と現地採用(ゲンサイ)

タイやフィリピンと関わるようになって、嫌でも耳にするようになったのがこの言葉。
現地採用(ゲンサイ)

いわゆる駐在員(expat)とは給料、待遇、さまざまに格差があり、
ゲンサイと駐在さんとの間での摩擦もあるとかないとか。

私は外資の日本法人で働いて長いので、日本に来ている駐在員の生態についてなら少し分かります。

日本に来ている彼らの給料はだいたい現地の人間の3倍。

広尾、麻布あたりの家賃20万円から30万円くらいの高級マンションに住んでる人が多いですね。
ホームパーティーで遊びに行くと、同じマンションに住んでる芸能人を見かけたりします。

下手な一軒家よりよっぽど広いマンションに住んでいますが、お手伝いさんが週に二回くらい
来てくれるので、掃除はそんなに困りません。

通勤は電車の人もいますが、自転車(!)かタクシーが多いですね。

日本人が普通に行く安い店にも来ますが、
やはり都心の料亭、割烹とか、高級ホテルの中のバカ高いレストランが好きですね。
一緒に行くと、そういう店の店員は日本人にはありえないほど英語がうまかったりしてびっくりします。
ま、客に日本人はほとんど居ませんからね。

駐在さんの奥さんたちも優雅な生活を送っています。
暇にまかせて、和太鼓とか茶道のお稽古ごとをやってたりしますね。

駐在さんと現地の社員との摩擦は、そういう経済的なことよりも、仕事上のことですかね。
腰掛気分で来ている人だと評判がよくないですね。

彼らは現地の事情をわかってないので、結局実働しているのは現地の人間。
その苦労もしらずに、駐在さんは無理難題だけ言いたい放題。
現地の人間が苦心して積み上げた成果を
本社に報告するだけで、帰国したときに自動的に昇進。
現場を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、2年以内に本社に帰っていく。

ま、こういうタイプだと嫌われますね。
そして、こういうタイプに限って、どこどこの飲み屋に入り浸っている、とか
凸凹系の噂が絶えないですね。

逆に現地の人間の3倍以上、働き、日本語も日本人以上に正確に話し
奥さん(旦那さん)も本人も人格的に素晴らしく、誰からも慕われている
スーパーな駐在さんも少なくないですが。
(幸いうちの会社はこのタイプが多いです)

以上は、私の駐在さん(expat)に関する印象なんですが
きっとタイやフィリピンにいる日本人の駐在さんも同じように現地の人に思われているのでしょう。

たとえてみると、こういう感じですかね。





駐在員 = 殿上人

強大な権勢を背景に、豊かな生活を営んでおり、
そこら中の娘を片っぱしから手をつけます。

最上級階級の上品な娘(財閥の娘)だろうが、暗黒階級(暗黒イサーン娘)だろうが、
超絶美女でも、末摘花のような醜女でも、
粘着生霊女性でも、性格美人女性でも、
年上でも、ロリコンでも
ぜーんぶ、食い散らかし放題!



そんな夢のような生活を毎日送っている癖に、

「末法のこの世というものは儚いものですよ

と、事あるごとに悲劇の主人公を気取ったりする!(笑)


まさに、光源氏のような生活が駐在員のイメージにはぴったりですね~。

  



一方、ゲンサイ(現地採用)を例えると...

ゲンサイ(現地採用) = 下級武士

誇りだけは超一流のサムライ!



国元を離れた都(曼谷)で長年お勤め!

毎日、馬車馬のように働くけれども成果は全て
国元から江戸に物見遊山に出てきた上級武士(駐在員)に横取りされる。


一向に増えない給料。
働けど働けど、暮らしは楽にならず、じっと手を見る。
アルバイトは定番!傘張りかカルタ書き、もとい風俗レポート!


住居はもちろん、階級差別反対、万民平等主義万歳のな・が・や(長屋)!
駐在さんが一生立ち寄ることもない、ローカルテイスト抜群のマンション。
共通言語はやっぱりイサーン語よね♪

家の近くにはかの有名な遊郭街、汰尼夜(タニヤ)があるが、
自分の給料ではとても行くことは出来ず、
上級武士(駐在員)にたまにお供にさせていただくのが唯一のチャンス。
しかし、惚れた女の子も、上級武士はおろか地元の商人や豪農にすらさらわれる始末。

町では農民や商人に馬鹿にされるのもしばしば。
堪忍袋の緒が切れて斬り捨て御免しようとしたら
腰に刺さっていたのは竹光だった!


.... というのが、私のゲンサイ(現地採用)の勝手なイメージなんですが、どうでしょう。
優秀で仕事はできるし、遊びもせず頑張ってるのに、あまり報われないという印象です。

ともあれ、私、ゲンサイの知り合いがほとんどおらず実態を知らないので、
適当に書いてしまいました。
誇りあるゲンサイの方、失礼を平にお許しください。

ま、実際のゲンサイの方は、楽しくやってそうですし、
金銭的なものにもさほどこだわってない気もします。

(ゲンサイの方、実情をぜひお知らせください m(_)m )





え? 寒汰(さむた)氏はどうかって
うーん、彼は訳の解らないビジネスを生業にしていますからね。

だいたい、彼は大和民族ではないですし。

それに、彼の場合、全てを超越したカリスマですから、超越した階級でなくては似合いません。

そんな寒汰(さむた)氏にぴったりの階級は、やはり
穢多非人以下の最低階級

蝦夷地で反乱を起こしてる原住民??
(そのまんまですねw)

(下の写真のアイヌの方は風格があっていいですね。寒汰の100倍素敵ですw)



寒汰氏はヒグマの毛皮と交換で手に入れた交易品の日本製品で身を固めて
これ、日本製品! だから、俺、日本人!俺、偉い!
と、イミフな言葉を叫んでいるのが似あってそうですね。


  




え? そういう私ですか?

私は私は外資の日本法人の社員。
階級外の人間ですよ.....と、長年思っていたんですが、

......よくよく考えたら、

それって直球ど真ん中でゲンサイですよね。



私も誇り高いゲンサイの一員だったんですね orz


しかし勤務地が日本のゲンサイって、
タイやフィリピンのゲンサイより損をしている気分になるのは気のせいでしょうか?w





  凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

   タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報
全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック
   フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


   にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング
コメントを投稿