2010年4月30日金曜日

凹売り娘にマジぼれさせるポイントw

美佳もそうなのですが、凹売り娘は白い花が好きな子が多いように思います。



ちなみに、白い花の意味は、รักใสบริสุทธิ์ だとか。
「純愛」を意味するようです。

凹売りの癖に「純愛」が好きとは矛盾しているようですが、それが事実だとすれば
その事実に基づいて、凹売り人類学的考察を進めなければなりません。

今日は、凹売り娘たちがマジぼれする男性の要件についてです。



フィリピン、タイ、その他の国に凹売り娘は山のようにいますが
基本的に彼女らは、客に胸キュンしません!

いちいち胸キュンしてたらビジネスできませんから。笑
...というのは過去のエントリ「恋するオサーンたち」でも書きました。

汚くて臭くて気持ち悪いオサーンなのに
俺だけはモテる!!」と確信できるのは
寒汰(さむた)尊師並の妄想力でもなければ不可能です。

ただね、寒汰くらい気持ち悪い人だとさすがに無理ですが、
凹売り娘が客を好きになることが、ないわけではないです。

彼女たちと仲良くなると、そういう話をよくしてくれます。
一番よく話してもらえるパターンは、馴染みのゴーゴー娘の同僚娘と話をする時ですね。
彼女らも、自分の直接のお客じゃないケースだと口が緩むようです。

前置きが長くなりましたが、彼女らがお客に惚れるポイントは大きく分けて二つあるようです。


  • 自分の同僚に自慢できる要件を備えている
  • 外見があまり凹買いしてなさそう
  • ペイバー(バーファイン)された初日は凸凹しなかった
もちろん絶対条件というわけではないんですが、この3つの少なくともどれかを満たしている確率が
かなり高いのに気がつきました。

最初の「自慢できるだけの相手」というところですが、
若くてカッコイイお客なら自慢できるのは定番です。
おーちゃんkinokoくん酢豚師匠みたいに、芸能人並にカッコよくて若ければ間違いなく自慢の彼氏になるでしょうね。

他にも、外国人ブランドが通用する場合もあります。
お父さんには残念ですが、日本人ブランドが有効かどうかは怪しいです。
私が日本人だから彼女たちの公平な意見を聞きにくいというのもあります。
ブランド力が間違いないのはやはりファラン(白人)ですね。
彼氏が白人だと自慢する娘はタイでもフィリピンでも多かったですね。

ただ、見た目の冴えない日本人のお爺さんでも自慢になることがあります。
優しいとか、お金いっぱいくれる(普通のお客さんと比べて2桁くらい多い)のが
自慢になるのも確かなようです。

ただ、ここは注意が必要です。
お金をたくさん払えば自動的に惚れられるかと言うとそんなことはもちろん
ないわけです。笑
必要条件ではないですし、十分条件ですらないわけです。
一定の相関関係があるってだけですから。

これを誤解してたら、無駄に湯水のように金を使うことになるので要注意です。

ま、内容はともあれ、普段一緒に同僚に羨ましがられるような相手でないと
惚れられない、というか惚れても具体的なアクションに起こしにくい、ってのはあるみたいです。

お父さんたちも自分が中学生くらいの頃を思い出してくださいよ。
自分の好みより、同級生のみんなが良いって言う子が建前上の好みじゃなかったですか?
それと同じじゃないでしょうか。

二番目の、外見が凹買いしなさそうな男、というのは、彼女たちの生態に起因するところが大きいのだと思います。
以前、「二人の彼氏」のエントリ で書いたように、水商売やってる彼女たちは病んでます。

凹売りしている罪悪感やストレスをどこかで晴らさないと精神が安定しないんでしょうね。
その一つのいい方法が、「ごく普通の彼氏」を持つことなんでしょう。

水商売やっているイケナイ女の子の自分と、ごく普通の彼氏を持っている真面目な女の子の
二面を演じるためのツールとして必要なんだと思います。

彼女らの家に遊びに行って、本命彼氏だと紹介される男の子たち(日本人でもファランでも現地人でも)、意外にもブサメン確率はそれなりに高くてびっくりします。

ただ、カッコよくなくても、殆どの場合、どこか清潔感があって、Pパブやらゴーゴーやらカラオケには
出入りしなさそうな真面目っぽい子のことが多いですね。

もちろん、そういうタイプの方が鴨にしやすいから(爆)、というケースも多分にあるのでしょうがw
上記の理由も少なからずあると思われます。

ただ、凹買いしなさそうな、外見と言うのも、必要条件でも、十分条件でもないのでこれまた注意が必要ですね。

三番目の「初回は凸凹しない」 これは、意外なくらいよく聞きます。
美佳も、ド本命のマービンは「一回目は凸凹しなかった。(なのにあなたは最初からド変態凸凹だった。笑)」と、今でもうるさいです。

美佳に限らず、彼女たちから本命彼氏の話を聞くと、かなり高い確率で、彼女らは力説します。
あの人は、他のお客さんと違う! だって、最初にホテルに行った時、凸凹(できるのに)しなかったもん!!

私、ちょっと調べてみたんですが、どうやらこれはタイやフィリピンの凹売りだけでなくて
日本の江戸時代以前の遊女でも同じようなことを言ってたケースが見つかりました。

どうして、初回凸凹なしが大事なのか、私なりに考えてみました。
恐らくは、二番目のケースと根は同じなのでしょう。

「普通の彼氏」
-> 「凹を売買しているわけじゃない」
-> 「簡単には凸凹しない」
-> 「少なくとも一回目は凸凹しない」

と、彼女らの心の中で転化しているのではないかと思われます。

凹売りに限らず、女性を口説く時の肝は相手の予想外の行動をとることだと言われます。
ペイバーして、そのままホテルで凸凹するのでは、あまりにパターン通りなので
自動的にただの客になってしまうということでしょう。

これは重要なポイトですね。


凹売り娘にマジぼれさせたかったら、ペイバー一回目は凸凹しない

嘘だと思ったら今度、一度試してみてください。
結構有効...だと思いますよ。

失敗しても時間と金が少し無駄になるだけです。

あ、そこの寒汰(さむた)さん、あなたは喜んじゃダメです。
だって、「凸凹しない」のと「凸凹させてもらえない」のでは大違いですから。爆






白い花の話に戻りましょう。
凹売りしている彼女たちも凹売りのストレスや罪悪感から「純愛的」要素を必要としているようです。

一方、凹を買う側の我々オサーンはどうでしょうか?

私の場合、別に花は好きではありませんが、白色は好きですね。
なぜかって?



いや、だって、パッツンシャツは、
純粋にエロエロな白色ですから。笑






凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング



コメントを投稿