2010年5月17日月曜日

タイ 2006年クーデター以降の騒乱を読み解く

現在、タイではバンコクを中心に騒乱状態になっています。
実際に危ない地域はまだ限られていますが、死者が出ているのは事実です。

このタイの政治状況に関して、少なからぬ誤解があるようですので
一度エントリしておきたいと思います。

なお、アカデミーの世界に身をおいたことがあるなら分かると思いますが
私自身はどこかの党派の肩を持つつもりではありません。
中立的で客観的な事実を観察する姿勢を崩すつもりはありません。

すべての事柄に「好き」か「嫌い」かでしか判断出来ないスーパー二元論者wのオサーンには
中立的な観察というのは、ちょっと理解できないかもしれませんがw

「プミポン国王が出てきて調停すれば万事解決する」
まことしやかに、言われることですが、これは正しくないでしょう。

なぜならば、2006年クーデター以降の騒乱において、プミポン国王は当事者でもあるからです。
プミポン国王が党派を超えて高い尊敬をされているのは事実ですが、
調停は騒乱の一方の当事者が行うことは難しいのも事実です。

もう少し詳しく見てみましょう。
今回の赤服騒乱に到るまで、タクシン元首相がキープレイヤーであったのは異論のないところでしょう。
騒乱の底は、そのタクシンが進めてきた急激な現代化と、国王の提唱する「足るを知る経済」が本質的に相容れないということがあります。

タクシンは功罪ともに大きな指導者でしたが、タイ国家の現代化に果たした役割は巨大なものがあります。
現代化を行うことが果たして本当に幸せなのかどうかは誰にも分かりませんが、
グローバル経済の現代で、他国に遅れることは国民の不満に直結します。

非難を恐れず正直に言えば、「足るを知る経済」では、激化する国際競争でタイが勝ち抜くことは不可能です。
そして、それはタイの外貨収入激減、国民の購買力の減退につながります。
他国に比べて貧しい生活になれば、グローバルな消費社会に既に組み込まれている国民の不満が高まることは必須です。

タクシンの優れた点は、このグルーバル消費社会におかれたタイの現状を正しく理解し、
現代化に向けての政策を次々に実行し、成功させていったことです。

タクシンは地方ばら撒きをした -> だから地方で大人気
と、短絡的に考えるのはあまりに早計です。

凹売り娘と話をしてみても、彼女らでさえ、タクシンの功績が地方ばら撒きだけではないことを知っていることが分かります。
(もちろん、それがグローバル経済の現代でどの程度の重みを持つものかまでは知らないでしょうが)

また、タクシンの支持層は決して貧民層だけではありません。
富裕層にも多数の支持者がいるのは、やはり彼の政策が正当だったと評価されているからです。

このように極めて優れた指導者であったタクシンですが、罪もまた大きいものでした。
ここでは詳細は述べませんが、異常な蓄財と脱税、身内びいき、外資の大量導入は国民の反発を買いました。
また、彼の急激な現代化政策に取り残された層の不安が高まっていったのも確かです。

タイは、立憲君主制ということになっていますが、実際には国王の権力はそれ以上にあります。
実行力を伴なう枢密院は国王の実力行使の機関であり、国王は立法の拒否権すら保有しています。
さらに、軍隊は国民の軍隊ではなく、国王の軍隊です。
王室の財産はタイのどんな財閥よりも巨大なものです。

プミポン国王の高潔さ、人格は尊敬されてしかるべきですが、
そういった尊敬とは別に、
システムとしてタイの王制では、通常の立憲君主制ではありえないほど国王の権力が強いことは認識する必要があります。

タクシンの政策に反感を持つ層が、首相以外で強力な力を有する国王を戴くようになるのは自然なことでした。
この結果が、2006年のクーデターであり、黄色シャツの空港占拠です。

その後アピシット政権の誕生を受けて、逆にタクシン復権を目指すと言われる赤シャツ党が
騒乱を起こすわけですが、国王の意図のあるなしに関わらず
国王は一方の党に戴かれている、つまり当事者になってしまっていることはお分かりいただけるかと思います。


国王が出てきて水戸黄門的に裁いて終り!
というのは、幻想に過ぎません。


今回の騒乱がどのように収まるかはまだ誰にも分かりません。
タクシンは皮肉にも国連の調停を提唱しているようですが
(タクシンは首相時代、国連を毛嫌いしていた)
それで騒乱の根が解決するものでもありません。

一方、(もはやありえないことですが)仮にタクシンが首相に復帰したとしても
もはや国民全体からの支持を得ることはできず、早晩政権は崩壊するでしょう。

調べれば調べるほど、2006年以降の騒乱の根は深いことが分かります。

ただ騒乱の中でも明るい材料は3つあります。


1) 人命の尊重
逆説的ですが、今回の騒乱の中で人命は尊重されている方だとも言えます。
赤シャツも軍も大量殺人を避けています。
これは全体主義的な国や後進途上国ではありえません。

旧ソ連や中国、アフリカの後進国なら軍が赤シャツにとっくに総攻撃して鎮圧しています
殺人が散発的なのは、逆にタイがある程度成熟した国である証拠です。

だからこそ騒乱が収束しないと言う皮肉なことではあるのですが。

2) タイ経済の堅調な伸び


この長引く騒乱の中でも、タイ経済は実は大きなダメージを受けていません。
また、投資家も先週まではタイ経済の評価をそれほど下げていません。
混乱が今後続いたとしてもタイ経済が成長することは誰もが信じていますし、確実です。

3) 各国(特に日本)からの援助

この騒乱の中にあっても、我らが大和男児が、
大和魂の誇りと揺ぎ無い自信をもってタイのフェーンに送金し続けています!w

おかげでタイの凹売りたちは、騒乱にも関わらず、今日も元気に生きていけます!!www


騒乱の中でもキラリと光る、我ら大和男児の貢献にチャイヨー!!w



   

  凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

  タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック  
  フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報    

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング
コメントを投稿