2009年11月30日月曜日

小さな子供と人間性

美佳は白い花が好きですが、その理由を聞いてみました。
タイでは、白い花の花言葉は

รักที่บริสุทธิ์ 


日本語で言う「純愛」。そのまんまですね。ははは。

しかし、美佳に限った話じゃないですが、凹売り娘って「純愛」って言葉が大好きです。

凹売りやっている反動なんですかね~。


あ、凹買いオサーンもこういう言葉が大好きですね。

そういえば、とある50歳を超えた臭い気持ち悪い凹買いオサーンが
ブログで「バージン」とか「純情娘」と書いているのは
あまりにギャップがありすぎて
気持ち悪い微笑ましいです。笑

さて、下は週末、美佳がきった果物です。
柿をこういう風にカッティングするのは日本人の発想では見ないですね。








尼羅を連れて歩いていると、結構いいことがあります。


(尼羅はお箸をつかって食べたがります。まだ、ほとんど口に入りませんが。笑)

昨日も和菓子店できれいなお茶請けを買ったら、一つおまけにもらっちゃいました。

タイ料理屋さんで食事をしていたら、デザートを尼羅用に無料でもらいました。

道路を歩いていると、ドア越に尼羅をみた若いお兄ちゃんがパブから飛び出してきて
かわいいね」と褒めてくれました。

スーパーで買い物をしていると、他のお客さん、特に若いお兄ちゃんや女の子が
にこにこして話しかけてくれます。

尼羅がちょうどよちよち歩きを始めたばかりで
自分の背丈より何倍も大きなカートを押して歩いたり
大人ぶって紙袋をひきずりながら歩くのは見ていて面白いからなんでしょうけど、
でも、そうやって暖かく迎えられると、子育ての苦労も多少は報われた気分になります。
ありがたいことです。


(地下街を歩く尼羅。本人はショッピングしているつもりです。笑
この後、大泣きをしたんですが、周囲の人がよってたかってあやしに来てくれました。)


タイ・フリークの仲間も、尼羅の連日のラブコールに大して、
少なくとも表面上は嫌がらず、それどころかユーモアたっぷりのジョークで返してくれます。
これまた、本当にありがたいですね。感謝感謝です。

尼羅が泣き出したら、周囲の老若男女問わず集まってきて
にこにこしながら、あの手この手であやしてくれます。

これって日本だけでないですね。
US、タイやそれ以外の国でも小さい子供には優しいです。


特にタイでパッツンがにこにこしながら寄ってきた日には
日頃の苦労も一瞬で吹き飛びますね!笑
(尼羅は、なぜかパッツン受けがいいですしね~。)



もちろん、暗黒の国フィリピンも小さな子供には暖かいですね。
流儀がいろんな部分で違いますが、
他人の子供でも自分の子供と変わらずかわいがる、という点は
間違いなくフィリピンの美点だと思います。


ともかく、こういう世界中の人々の温かさは小さな子供を持つ親としては助かります。
また、その国の奥深さやその人達の
素晴らしい人間性を強く感じるところですね~。


ところが!この世界的に普遍なカルチャーに真っ向から立ち向かう巨人がいます!

その名は....もちろん寒汰(さむた)氏(※)!! 爆

(※ 誰もコメントしないことで有名なブログ「魔尼羅・盗撮バージン」を書く男。
 自慢は320GB(爆) 搭載のマック!!)

彼が自分のブログで語っているところによれば
彼はフィリピンで幼児を見る度に

顔を真赤にして怒鳴り散らしながら怒るそうです。

うるさい!」「マナーがなってない!」と。

すごいですね。寒汰氏

世界広しといえど、1歳かそこらの子供に怒鳴りつけるオヤヂはなかなかいないですよ。

それにね、子供のしつけなんて2歳くらいにならないとできないってのは
世界どこの国でも共通認識のはずが、寒汰氏にはそれを超える
スーパー子育て理論があるのでしょうか。

聞いたところによると、彼はいつも凹売り娘(子持ち!爆)に延々と
独自の子育て論を語ってるそうです。

え? どんな子育て論か?
独自すぎて世界中の誰も理解できません。爆

隣に居る凹売り娘(子持ち!)は、いつも思いっきり嫌そうな顔をしているそうです。笑

いやあ、寒汰氏、それにしても大胆過ぎですよ。

寒汰氏は子育ての経験が皆無(爆)なのに、
どこをどうやったら子持ちの女性に子育て論が偉そうに語れるんですか?
一度そのノウハウを教えていただきたいものですね。

運転免許も持ってないのに偉そうにプロの運転手に
ドライビングテクニックを語るようなもんですからね。

知ったか大魔王、寒汰氏のスーパーな能力はとどまるところを知りませんね。笑

ただね、寒汰氏、一言だけ言っていいかな?
1歳にもみたないくらいの小さな子供に対して
いきなり怒鳴り散らすのは、
その方がよっぽどマナーが悪いですよ。

アイヌ人とか日本人という以前に、
人間として最低の行為だと思います!

ストレス解消で怒鳴りたいなら、近所のどら猫相手にでも怒鳴ってればいいと思いますよ。
どら猫にも相手にされないと思うけどね。笑

いやあ、子供に対する態度一つで、
その人の人間性って分かるものですね。







凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

2009年11月27日金曜日

貧富の差の真実


フィリピン嵌りのオサーンはよく言います。
フィリピンは貧富の差が激しい!」「フィリピンの富は少数の人間に集中している!

そしてその貧富の差がフィリピンの全ての問題の根源であるような理屈をよく聞きます。

でも、それって本当にそうなんですかね?
フィリピンだけ特別貧富の差が激しいんですかね。

一般には先進国になるほど、貧富の差は少なくなっていきます。
逆に発展途上国では貧富の差が大きいのは当たり前です。

客観的に判断するには所得格差とともに、GDPも比較しないといけません。
フィリピンは、同程度の経済発展の国と比べて、本当に貧富の差が激しいのか、
私の方で調べてグラフを作ってみました。

それが。

(分かりやすいように、フィリピンに条件が似ていると思われる東南アジア諸国の位置と
スペイン/ポルトガルの旧植民地である南米諸国の位置も付け加えました。)






元にしたデータは以下のものです。

Raw データはこちらにおきましたので、ご興味のある方はご参照ください。

縦軸はジニ係数をいう指標を使っています。
数字が大きくなればなるほど、所得格差があり、少ないほど所得格差は小さいというものです。

このグラフを見る限りフィリピンの所得格差の差は決して大きいとは言えないですね。
経済的に同程度の国々と比べてほぼ平均。
やや下気味ではありますが、とりたてて大きいと言うことはありません。

私もちょっとびっくりしましたけど、
フィリピン国内の所得格差は大きくないですね。

ここで疑問がわきます。
フィリピン嵌りのオサーンの多くはなぜ皆口をそろえて
フィリピンは貧富の差が大きい!」というのか。

おそらく理由はこういうことでしょう。

  • フィリピンしか外国を知らず、フィリピンだけが特別だと思っている。(代表例: 寒汰氏)
  • 客観的に物事を判断する能力が欠落している (代表例: 寒汰氏)
しかし、これら二つの理由よりさらに強力な、根本的な理由があります。
それは.....
  • マハルコちゃんが言うことがフィリピンの全てだと盲信している!! 爆 (代表例: 寒汰氏)
いやあ、仕方ないですね~。
マハルコちゃんのお告げは神のお告げにも等しい絶対的なものですもんね~。

マハルコちゃんが「フィリピン、お金持ちは、お金イッパイ!」と言えば、
世界のどの国よりもフィリピンは貧富の差が激しいってことになるんですもんね。

マハルコちゃんが「オカニない」と言えば、フィリピンは大不況ということになるし

マハルコちゃんが「携帯を質屋に入れた盗まれた」と言えば、フィリピンは治安が悪化しているといことになるし、

マハルコちゃんが「アコ、寒汰とは死んでも凸凹したくない結婚するまで凸凹しない」と言えば、ピーナは全員身持ちの固いバージン。
だから、ブログ・タイトルも「魔尼羅バージン」!!
(見ている方が恥ずかしくなります。笑)

いやいや、マハルコちゃんの聖なる言葉の前には、

世界中のどんな経済理論もかないませんわ。

アコ、降参エー!!笑







凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

2009年11月26日木曜日

花と民度

今日、家に帰ってきて自分の部屋に入ると、とてもいい匂いがしていました。




何かと思ったら、美佳が自分が好きな百合の花を買ってきて
私の部屋においていたのです。

そういえば、美佳は自分で花を時々買ってきます。

私のタイ師匠S井さんが昔教えてくれたことを思い出しました。
高田くん、バンコクは花屋が多いだろう。
 花屋の多さというのはその都市の民度を図るよい指標だそうだよ。

そう、民度って単にGDPだけじゃないんですよね。
経済指標に現れにくい文化も併せて初めて民度だと思うのですが
タイはやはり、そのGDP以上に民度が高いと思います。

某暗黒国家で花束を買おうとして
花屋はどこか日本人の方に聞いたことがありました。
すると、こんな答えがありました。

花屋? いっぱいあるよ。ほら、あそこにも

路上でしおれた花を一輪ずつ売っているおばさんでした。
あはは、それ、花屋と違うし。
だいたい花束も買えないですね。笑

結局、ブルゴス近くに一軒の花屋があるのを教えてもらって、花束は買えたのですが
今度は花束のつくりがきれいじゃない。

うーん、花やが花束を作り慣れてないんでしょうか。
フィリピンでは花束は贈る習慣、あまりないんですかね。
あ、寒汰氏、一輪だけしおれた花を贈るのと違うから注意してね。笑

ま、日本でも花束作りのうまさは店によって相当な差がありますけどね。

花といえば日本人の奥さんを少し思い出しました。
私が花束を買って家に帰ると、彼女はいつも匂いをかいで
うん、いい匂い」と、はにかんだような顔をしていました。

でも、美佳のように自分自身で花を買ってくることはあまりなかった気がします。

一方、フィリピン・アサワ(奥さん)の場合はどうったかというと....

あ! そもそも 花束なんかあげたことなかった。爆

いやいや、ちがった。
買ってあげたことありました。
結婚期間中に一度か二度だけ

..... ごめん!! アサワコ。笑


美佳に限らず、タイ人の女性は自分で花束を買ってくるケースが多いように思います。
美佳のお母さんも日本にいる時、よく花束を買ってきてました。

仏壇のお供え用の花でしたけどね。笑

(※タイ人的には仏壇用のお花も深い意味はないし、コスト・パフォーマンスがよいので
 観賞用として、つい買いたくなるそうです。)






今日の夕食の後のデザート、美佳はりんごの皮をむくのを忘れていたようです。
しかも、何か変なマークがありました。






普通の安いりんごなんですが、寒汰(さむた)氏が
どんなに金を払っても
絶対に買えないりんごだそうです。笑

Playing Chariots of Fire with Scent of Lily and パッツン嫁 ww





凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

2009年11月25日水曜日

暗黒の正体

今日は美佳がスーパーで毛がにとホタテを買ってきました。
調理方法も知らない癖に。笑

調理方法が分からなくても美味しそうなものだと思い切って買うあたり
タイ人(イサーン人)の食への貪欲なまでの探究心を感じます。


これが暗黒フィリピン人の場合だと、慣れないものはほとんど食べないですね。
あえて食べてみようともしません。
食べ物のレパートリーがものすごく狭い。

食に対する好奇心の違いを大きく感じます。

生きた毛がにを真水でしめて料理しました。
まだ元気に動くので美佳と二人で何度もつんつんして遊びました。
美佳はキャーキャー言って喜んでいます。

そばで見ている尼羅もつられて声を出して喜んでいます。
「食」にとって、こういう料理する環境、食べる環境も大事ですね。



やっぱり家族一緒で仲良く食べる食事は味以上においしく感じます。

腹に入ればなんでも一緒だ!!」と怒鳴っている寒汰(さむた)氏には
そんなことも分からないんでしょうが。汗

だいたいね、どんなものにでも化学調味料をぶっかけてたら、
せっかくの素材の味が台無しですよ。

寒汰氏、せっかくの北海道の美味しいカニやホタテに化学調味料ぶっかけて食べるのはやめましょうね。
カニさんやホタテさんに対する冒涜ですよ~。笑




このブログでも、フィリピンに対する枕詞として「暗黒」という言葉をよく使用しています。
半分冗談で使っているこの言葉ですが、実はかなり重要なことを示唆しています。
今日はその重要なことに関する話です。

私の周囲のフィリピンに関わってる方、ほぼ全員と意見が一致することがあります。

フィリピン人の人懐っこい笑顔の裏には底知れない闇がある。

 この闇は、我々がどんなに時間をかけてもどんなに努力しても、

 到底理解できるものではない。


 むしろ、彼らと深く付き合えば付き合うほど、この闇が恐ろしく深く果てしないことがわかる。


日本人に限らずアメリカ人でも、フィリピンとある程度以上深くかかわった方の多くが
こういいます。

フィリピンに凹買い旅行しただけでフィリピン・ベテランになったつもりの

寒汰氏には絶対理解し得ないことですが

フィリピン人は、私たち先進国人には決して理解できない闇を心の奥底に持っています。
それを半分冗談で「暗黒」と読んでいるわけですが、今日は人類学的にこの「暗黒」について考察したいと思います。

返報性という言葉があります。
人間には誰しも、何かをもらったらお礼に何かを返したいという性質があります。
わかりやすい言葉で言えば恩に報いるというものですが、この性質を返報性と呼びます。

人間がこの返報性を持つ理由は、おそらくそれが社会を運営していくのに
最も適切な戦略であるからと思われます。

ゲーム理論に関するコンテストで「しっぺ返し戦略」が有効であったことは、その傍証であると考えられます。

ともかく、人間には誰しも恩を受けたらそれを返したいと思う性質があり
その性質は社会構造を支える最も基本的な原理になっています。

文化人類学者のマルセル・モースは「贈与の一撃」と表現しましたが、
人に何かをあたえると言うことはまさに相手の心に打撃を与えるということです。

何かを与えられた人間に心理的な負債を負わせることにより
社会の構造、秩序を維持すると、現代思想では捉えています。

この贈与の一撃は人間社会の至る所で見ることができます。
インディアンのポトラッチはあまりに有名ですが、
仏教には因果応報というアイデアがありますし、
身近な例では先輩が後輩におごる文化もそうでしょう。

先輩は後輩におごることで心理的優位に立ちます。
それによって、先輩後輩の秩序が維持されます。

贈与の一撃は営業にも応用できます。
相手から譲歩を引き出すために、日頃から相手に貸しを作るようにするのは、
営業マンの方にはおなじみかと思いますが
これも贈与の一撃を利用したものです。

繰り返しになりますが、この返報性は、洋の東西を問わず人間の社会的行動の基本原理なのです。

ところが、この返報性が働かない人たちがいるのです。

はい、それが他ならぬ暗黒の民なのです!!

彼らは、何かを与えられても感謝しないことがあります。
余計に怒りだし、もっと与えろとさえ要求します。

さらに、与えてくれる人を裏切ったり、最悪殺してしまうことさえあります。

お金をせっせと送金してくれる日本人の汚い臭いオサーンを殺しても意味はありません。
殺すのは面倒だし、ほっておけばまだ送金してくれるかもしれないのに。
でも、彼らは殺しちゃいます。

相手の得にならない、自分の得にならない、誰の得にもならない、
論理的に理解不能な行動を暗黒の民は起こすのです。

この人間社会の基本原理に逆らった性質
これが暗黒の正体だと私は考えています。
フィリピンの名誉のために言っておけば、この暗黒の性質を持つのは
フィリピンだけではありません。

私の経験する限り、アフリカ系の方もほぼ同様の性質を持っています。
また、世界中の貧困層の多くはこの性質を少なからず持っているのでしょう。

ただ、フィリピンの場合、さほど貧困でない層、もっとはっきりいえば
日本人の汚くて臭いオサーンより金持ちの層でも、この暗黒の性質を感じるのが
他の国と違うところです。

普段、我々人類が当たり前、普遍的だと思っている原理が通用しない。
その気持ち悪さが我々が彼らに暗黒を感じる理由なのでしょう。

これは、どういうこかというと....

....暗黒の民フィリピン人は我々ホモ・サピエンス人類の枠を超えた
超人類として進化した

ということなんですよ!!!

つまり、ニュータイプみたいなものですね~。笑
フィリピンはやっぱりすごいところってことですね!





先日、ある思考実験をしてみました。

寒汰(さむた)のような人間のクズ珍獣が危機に陥っていたらどうするべきか?

たとえば、彼がセットアップにあって今すぐ何十万ペソを払わないと殺されてしまいかねない。
あるいは、事故にあって、今すぐ輸血してあげないと死んでしまう状態だとします。

そんな時、自分だったらどうするか?
いくら寒汰のような最低の男でも、いざそういう場面に居たら....
私はかわいそうだと感じると思います。

そして寒汰を助けたいと思うでしょう。

しかし、もし寒汰を助けたらその後どうなるでしょうか?
間違いなく彼は逆恨みするでしょう。

寒汰のような人間に感謝されなくても何とも思いません、。
金が無駄になるのも何とも思いません。
でもね、助けた相手に逆恨みされるようでは、危なくて助けられません。

この寒汰の行動原理。誰の得にもならない逆恨み精神
これが暗黒なのですよ。

童話や昔話の中でも、とても親切な人が出てきますよね。
主人公を助けてくれる。でも彼は名乗らずに立ち去ってしまう。

こういう話はよくありますが、暗黒の性質を考えるとその裏に一つのストーリーが見えてきます。

親切な人は、謙遜して名乗らなかったのではないのです。
助けた相手に逆恨みされることを恐れて、名乗れなかったのです。

悲しいことですが、これがこの種の昔話の裏に潜む現実だったのではないかと想像しています。

さて、今日の結論です。


  • 暗黒の正体は返報性の欠如
  • フィリピン人の心の闇は先進国人には理解できない
  • 寒汰の暗黒度はフィリピン人以上
そして、
  • 寒汰が死にそうになっても誰も助けない。


だってね、寒汰氏の場合は、普段の行いが悪いから仕方ないね。
ただね、大好きなフィリピンで野垂れ死ぬなら本望でしょう? 毒笑







凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

2009年11月24日火曜日

タニヤの老帝王が泣かせた女



Kindle 買っちゃいました。




いやあ、もう重たい本を買わなくても済むし、通勤中の慌しい時に
英字新聞買う手間が省けます。

気がついたんですがフランス語も表示できます。
もう私の今のフランス語能力じゃ読めないですけど
記念に「零度のエクリチュール」でも購入してHDDの肥やしにしようかなw


しかし、今オフィスで隣の席にいる同僚はフランス人なんですが、彼はロラン・バルトを知りませんでした。
結構ショックです。
フランス人でもロラン・バルト知らないんですかね。

彼はミッシェル・フーコーは知ってたんですが、バルトとそんなに知名度が違うんですかね?

彼とは毎日いろんな話をして楽しんでますが、ちょっと困るのが話が長いことw
おかげでいつも打ち合わせに遅れそうになりますw






先週末のことです。
タニヤの老帝王とも呼ばれるガオさんのところに一本の電話があったそうです。

発信元の国番号は+81つまり日本。しかしガオさんが見たことがない番号です。
ガオさんは、とりあえず電話に出て言いました。
もしもし

すると、電話の向こうから女の泣く声が聞こえます。
ガオさんは聞きました。
どなたですか?

女はそれに答えずにひたすら泣いています。
声の感じからしてこれはタイ女、日本人の女ではない、とガオさんは直感しました。
いやあ、泣き方だけで何人かわかるなんて、ガオさん、さすがです。

前にタニヤをガオさんと歩いていると、路上にいるカラオケガールが泣き出しのを思い出しますね。
ガオさん、相変わらずタイだけじゃなくて世界中で女を泣かせているようですw

ともかく、電話の向こうの女にガオさんが何度話しかけても彼女はただ泣き続けています。
ガオさんが言うには、日本人の女性では絶対ありえない
タイガールというか、暗黒ガール特有の泣き方だったそうです。

確かに、暗黒ガールって頭の中で自分が悲劇の主人公になりきってしまって
世界で自分が一番不幸な女にでもなった気でいてひたすら泣き続けますよね。
私も見当がつきます。

日本人の女性というか、先進国の女性は理性が優越するので
どんなに悲しくてもこういう泣き方はできません。

数分後、ひたすら泣き続ける女に話しかける言葉も思いつかず
ガオさんは電話を切ったそうです。

そしてガオさんはその日一晩中、女の声が枕元で聞こえるようで
ほとんど眠れなかったそうです。

さすがのガオさんも日本でこんなに泣かれるほど悪いことをした
タイガールには心当たりがなく、
(日本人女性には悪いこといっぱいしてるみたいですがw)
相手が誰だか分からないことも、不安を増す理由となったようです。

翌日、ガオさんからその話を聞いた私と美佳はその日本の電話番号に電話することにしました。
相手はほぼ間違いなくタイガールなので、美佳がタイ語で話しかければ名前くらいは言うはずです。

ちょっと緊張した気分で電話をかけます。
Ring Back Tone が始まります。すぐに Ring Tone も聞こえ始めます。
ん? Ring Tone????
鳴っているのはうちの電話です...

あはははは、どうやら尼羅が一人で携帯電話で遊んでいる最中にガオさんに電話しちゃったようですね。

(うちは、携帯電話が10台くらいあるので、私いちいち番号は覚えていません。
 ガオさんもうちの携帯番号は全部は登録していません。)

ガオさんに尼羅の泣き声を聞かせたら「この声だ!」と即答でした。

いやあ、ガオさん、1歳の子供でもタイガールと分かるなんて
さすがです!!

.... というか、娘が大変お騒がせしました。
娘のイタズラで一晩、寝れなかったなんて、
本当に申し訳ございません

それにしても、尼羅はよほどガオさんが気に入ったのか、今日もガオさんに電話してましたね。爆
そのうちガオさんの毒牙にかかるんじゃないかと、今から不安になってきましたw







凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

2009年11月23日月曜日

揺るぎ無い自信

Tさんの通報で寒汰(さむた)ブログ「魔尼羅・盗撮バージン」をみたら面白いことが書いてありました。

東大出身の奴らの給料が高いのは奴らの原価が高いからだ!!

出ました! 寒汰の伝家の宝刀、原価論!

(寒汰はホステスバーで出されるフルーツの値段に対して
 「原価はもっと安いはずだ!!」とケチをつけるそうです。笑)

320GB のメモリ(爆)を積む寒汰コンピュータは、
相変わらず驚天動地な結論を弾きだしますね。笑

でもね、寒汰氏、言っていいかな。

東大出身が理由で給料が高くなる会社はこの世に一つもないと思うよ。

東大君でも安い給料のやつはたくさんいるし、
逆に高卒でも高年収の人間も大勢いると思うけど、気のせいかなあ? 笑

それにね、東大は日本で一番学費が安い大学じゃないかなあ。
(国立より授業料が安い大学はたぶんないと思います。)

社会の落伍者のオサーン(リストラ歴二回!! 笑)が
コンプレックス丸出しで僻んでいるようにしか見えないんだけど
気のせいかなあ。笑




前にも少し書いたことがあるんですが、
フィリピン嵌りのオサーンたちって、本当にすぐに怒ります。

すぐに「フィリピンを馬鹿にするな!」「人種差別だ!」と。

過剰反応と言うより、もはや異常だと思います。
以下のような反応がありました。

言論の自由を否定するのか!?
タガログ語を差別するな!!
Pパブに通う人間や、中年のオヤヂをバカにして楽しいか!?

上の日本人女性はオヤヂを馬鹿にしたわけでもないし、
ましてやタガログ語や言論の自由を否定したわけでもないんですよね。
だいたい、アコディバ語はタガログ語じゃないし。爆

ただ、単に「面白い」って言っただけですよ。
それなのに、何を見当はずれな方向に怒っているんでしょうかw

彼らって普段からストレスがたまりにたまっていて、
それを爆発させるきっかけだけをずーっと探し求めてるんじゃないですかね。
彼らが何に怒ってるのか私には理解できません。笑

だいたいね、こんな異常な反応をする人たちは、
フィリピン系以外に見たことがありません。

以前、私は「フィリピン料理はまずい」と言いました。
するとフィリピン嵌りのオサーンはこう怒りました。

フィリピンでも味を良くするために努力している日本人がいるんだ!

いや、それってフィリピンの日本レストランの話でしょう?
私はフィリピンの食文化全体の話を話をしてるんですがw
あなた、フィリピン料理協会の代表か何かですか?

その日本人に悪いと思わないのか!

だから日本料理の話なんかしてないし。笑
個別の店をけなしているわけでもない。

本当のことを言うな!

それってプロがお客に言う言葉としておかしくないですか?
もし、逆に私が「お前の会社の製品は使いにくい!」って
ユーザに言われたら真剣に考えてちゃんと対策を考えますよ。

言いにくいことを言ってくれるなんて、
そのユーザに感謝こそすれ、怒るなんて考え付きもしないですね
だってプロでしょ? 当然じゃないですか?

それ以前に、私、特定の店の話なんかしてませんし。
被害妄想ですか? 笑

フィリピン料理は最高の材料を使って、最高の調理人が、最高に考えられたレシピで作ればうまいんだ!!

いや、そこまでしないと上手くならないって、よっぽどまずいってことですか。爆
寒汰氏は実はフィリピンをけなしてますか? 笑

これがね、USならどうですかね。

以前も書きましたが、USで同じことを言ったらこんな反応が帰ってきました。
そう、確かに食事のレベルは低いんだよね。
    でも、◯□通りのこの店ならわりといけるよ。今度の日曜日、一緒に行かない?

大人ですよね〜。
フィリピン嵌りとは全然違う。

(※ それでも、フィリピンに数少ない美味しい店に私を連れて行ってくださった方が
何名かいらっしゃいます。今考えれば、この方々は例外的に大人だったし
人格も立派でしたね〜。)

それでもね、在住の人が怒るのは分かります。
彼らにとったらフィリピンは第二の母国ですからね。
自分の母国がけなされたら怒るのは理屈じゃない、それは私もよくわかります。

奥さん(旦那さん)がフィリピン人の人が怒るのも分かります。
奥さんの故郷は自分の故郷に対する思いと近いものが生まれますよね。

だけどね、
フィリピンに凹買いにしか行ったことがない寒汰みたいなオサーンが
怒るのは全く理解できません。笑

いやあ、こう見えて、私フィリピン人と一年以上結婚して一緒に暮らしていたし
フィリピンで仕事(※)をやってたこともあります。

(※ 寒汰みたいに凹買い旅行って言うのが恥ずかしいからって誤魔化すためのとってつけた商売じゃなくて本当にオフィスでやる仕事ね)

客観的に考えたら凹買いしかしてない寒汰みたいなオサーンよりは
私の方がフィリピンとの関わり深いと思いますよ〜。

全然嬉しくないですけどね。爆

その私に凹買いオサーンが怒るのはなんか滑稽ですよね〜。
想像してください。

アメリカ人の旦那がいる人が言いました。
アメリカって食事が美味しくないのよねえ

それに対して、アメリカに行ったこともない英語も話せない
アメリカ人との関わりは近所のパブで隣の席に座っただけのオサーンが
本当のこと言うな!!」って怒り出したら、可笑しいでしょう? 笑
同じことですね。

なんかね、フィリピン嵌りのオサーンたちって
他の国に嵌っている人に比べて明らかに違います。

タイ嵌りと違います。
もちろん、フランス嵌りとも、
アメリカ嵌りともロシア嵌りとも違います。

思うんですけどね、彼ら、根本的に自信がないんじゃないですかね。


  • 自分に自信がない

仕事がうまくいかないのか、寒汰のように一人も友達がいないのか。
マハルコちゃんに「アコ、イカウにインラブなー」と言われても
なぜか自信が持てない。

自分に自信が持てない。
だからいつもイライラしている


  • フィリピンの魅力に自信がない


アメリカ嵌りの人が上のような大人の対応するのは、
アメリカと言う国の魅力に絶対的な自信を持っているからだと思うんですよ。

たかが食事がまずいくらいで、アメリカと言う国の魅力が減じることはない
そういう揺ぎ無い自信があるから大人な態度を取れるのでしょう。

一方、フィリピン嵌りのオサーンは実は自分でもフィリピンの魅力に自信がない。
必死で自分で魅力があると思い込ませようとしている。
そんなところに本当のことを言われるから怒るんじゃないですか? w

そしてね、フィリピン嵌りのオサーンが自信がないのはね、上の二つもあるけど
それに加えてこれでしょう。


  • 自分が本当にフィリピンが好きか、自信がない


あっはっはっは。だってね、凹買いしかしたことないんだから
本当にフィリピンが好きかどうか分かるわけないですよね。

正直に言ってくださいよ。
もし凹買いできなかったらフィリピンに行きますか?
若い凹に会えなくてもフィリピンに行きますか?

行かないでしょう?
はっきり言ってね、どんなに偉そうなこと言ってても、
99% のオサーンはフィリピンに行かなくなると思いますよ。

オサーンが好きなのはフィリピンじゃない
単に若いピチピチした凹が好きなだけでしょ。

日本人の若いかわいいオネエチャンにちやほやされるんなら
フィリピンに全く興味なんかわかなかった。違います?
あははは。

え? 俺はフィリピン大好きだって?
フィリピンが魅力あふれる素晴らしい国だと
心の底から、mula sa puso ko (!) 信じきってるって?

じゃあ、もっと揺るぎのない自信を持ってくださいよ。
何を言われてもどーんと構えててくださいよ。笑

あはは。揺るぎ無い自信、これ大事ですよ。

I Love Philippine !!

自信を持って言ってくださいね〜。笑

....言えないと思うけど。爆





凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

2009年11月21日土曜日

オサーンにも分かるリフレ経済政策入門

デフレ進行が懸念されている昨今なのでまた経済に関するエントリを入れてみましょう。

そもそも、インフレやデフレって悪いことなんでしょうか?
さらに言うと、好景気が正義で不景気が悪と考えてよいのでしょうか?

現実はそこまで単純ではないのです。
好景気は基本的にはよいことですが、過熱したりバブル経済が起こることは好ましくありません。
また、不景気自体は喜ばれませんが、実は景気循環の上では必要な時間です。

競争力のない企業や部門を整理して、世の中を効率良く配置し直すために重要なフェーズだからです。
不景気がなければ、次の好景気は健全に迎えられません。

考えてみてください。人間だってずっと走り続けてはいられません。

速く走りすぎればすぐにバテてしまいます。
適度なペースで走った方が結局長い距離を走れます。

また、時にはたちどまって息を整えたり、食料を補給し、排泄を行う時間は必要です。
そういう休憩時間をきっちりとることが、走り続ける上でいかに重要なことかは
直感的にもお分かりいただけると思います。

不景気そのものは好ましくはありませんが、好景気を迎えるためには必須のフェーズなのです。

もちろん、休んでばかりだと前進しないので、適切なタイミングで休憩を終えることも重要です。

だから、現代の経済政策では、好景気の際には過熱しすぎないようブレーキをやや強め、
不景気の際にはあまり落ち込みすぎないようにアクセルを強めるようにコントロールします。

第二次世界大戦以前では、人類はこのコントロールを今ほどはうまく行えずにいて
何度も極端なバブル経済やその後の酷い不景気や、世界的な大恐慌を経験しています。

ただ、第二次世界大戦以降は不景気やバブル経済があっても、かつてのような
極端な状況を世界的に起こすことはなくなりました。
経済学はまだまだ未熟な学問ではありますが、一定の成果を収めていることは間違いないでしょう。

だから現代では、政府は財政政策や金融政策を通じて、恐ろしく繊細なコントロールを迫られます。
特に、高度成長期を終えた先進国では財政政策はもはや景気のコントロールに効果を失いつつあるのが問題です。
いくら公共投資を行っても、その効果があらわれにくい体質に経済全体が変わってしまっているのです。

(多くの人は誤解していますが、今や経済政策にとって、公共投資はかつてのような力を発揮しません。いくら公共投資に税金を費やしても、得られる効果は限定的になっています。)

代わりに、通貨供給量や金利の非常に繊細なコントールを通じて景気をコントロールすることが重要になっています。
ほぼ毎日のように日銀やFRBが発表する金利がニュースになっていますが、
その金利のほんのわずか、カンマゼロゼロ数%の違いが大きなニュースになっているのを
不思議に思ったことはないでしょうか?

実は、そのほんの僅かな違いが景気の動向が大きく左右されるのです。
だからこそ、政府や中央銀行(日銀)はその数字の設定に恐ろしく神経質になっていますし
メディアも大きなニュースとしてとりあげるのです。

さて、景気の動向に連動しているのが物価です。
緩やかな好景気が望ましいのは先に書いたとおりですが、好景気にインフレは付随します。
もちろん、過剰なインフレはよくありませんが、
一般的には2%から3%の緩やかなインフレが望ましいとされています。
一方、デフレは経済が縮小していく兆候ですから本来、望ましくありません。

みなさんがご存知のように日本経済はここ10年以上、デフレに悩まされてきました。

今、緩やかなインフレを実現するために積極的な政策を行おうとする人々(リフレ派)と
積極的な(乱暴な)リフレ政策は逆に損失の方が大きいと慎重な人たちの間で論争が起こっています。

非常に難しい問題です。どちらが正しいのかは誰にも分かりません。
ただ、どちらのグループも以下の三点では一致しています。

  • 日本はここ10年以上、通貨供給量を増やしてもインフレに誘導できないという、かつてない難しい状況にある
  • デフレ克服にきく魔法の薬はない (効果のある政策だとしても痛みを伴うことは必須)
  • インフレに誘導したとしても、強いインフレは望ましくない

たとえて言うとこういう状況です。

制限速度20Kmぴったりで走りたい車がいます。
しかし、なぜか速度が落ちてしまっています。
通常ならアクセルを踏めば速度は上がるのですが、この車は機構が高度すぎるせいか
アクセルを踏んでも速度があがらないのです。

この難しい状況を克服するために経済の専門家は今、頭をなやませ
涙ぐましい努力を行おうとしているのです。

しかし、ここで超経済理論を唱える救世主が現れたのです!!

その名はもちろん寒汰(さむた)っ!!!!

驚異の理論を唱える寒汰はブログに書いています!

お金をいっぱい刷るダメ!! インフレになる!! 世の中壊れる!!!

いやあ、さすがに寒汰ですね。
通貨供給量をどんなに増やしてもデフレを克服できなかった
人類史上初めてと言ってもよい、日本の今の難しい状況は思いっきり無視!!

さらに世の中が壊れるほどの紙幣の増刷ってどんなけすごい事態を想定してるんですか?
強いインフレどころか、ハイパーインフレを言っているわけですよね。

リフレ派が目指すインフレ率ってせいぜい2%か3%なんですが、ハイパーインフレって
年率何千倍ですよ。

多くの人が制限速度20Kmをきっちり守るための恐ろしく繊細な微調整を必死でしているところに
いきなりテポドンを打ち込むような真似をするとは、さすが寒汰氏ですね。
傍若無人ぶりでは右に出る人はいません。笑

だいたいね、政府が通貨を供給しすぎてハイパーインフレになったケースって
たぶん、中国・元の時代まで遡らないとないんじゃないですかね。
現代のジンバブエだって、政府が通貨を刷りすぎて引き起こされたわけではないですからね。

ハイパーインフレになるまで通貨を供給し続けるって、
現代世界ではどんなバカでもやりませんよ。

寒汰氏、どんなけ時代に取り残されているですか? 笑
軽く600年は遅れているわけですね。
さすが時代を超えた男は違いますね。


600年の時を超え、現代社会に明るい失笑をもたらしてくれる男、寒汰氏に乾杯! 笑

南無南無アーメン





凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング