2009年11月4日水曜日

Fireball Festival 前夜祭の写真、動画 [10月訪タイ記 XVIII]

Naga Fireball Festival 前夜祭の日に撮影した写真、動画を掲載します。


○ 国道二号線をウドンタニからノンカイへチャーターした車で向かいます。
のどかです。




○ 外観は立派なホテルです







○ Fireball の案内がホテル内にもたくさんあります。



○ Fireball がノンカイ周辺のどこで見られるか、スポットが細かく地図に記されています。私たちが行った場所はこの右から二番目の赤い丸のところのはずです。






○ 写真で見ると、きれいな部屋でしたが...




○ 部屋からの眺めは絶景。窓を横切る線が友好橋です。








○ レストランのメニュー。値段はすごく高い。出てくるのは遅い。サービスと味は...





○ ファランプーインのグループがプールではしゃいでました





○ レストランは、夜にお祭りがあるようで、装飾にこってました。ただ、テービルクロスは替えて欲しかった...苦笑




○ 発音が通じなかったゲンキョワン・ガイ





○ レストランのすぐ外はメコン川





○ ホテルにはなぜかたくさん民芸品が売ってました。
びくは日本や中国と同じですね。





○ カメラの電池がなくなってきたので新しい電池を屋台で買いました。
しかし、売っていたのはアルカリですらない、昔懐かしい黒い乾電池。
これ、電圧が低いのか、電流が弱いのか、カメラみたいなデバイスではほとんど使えないんですよね。
一度、フィリピンの田舎のサリサリで買った時、
新品の電池なのにカメラの起動すらしなくて、そのまま返品したことを思い出しました。
(パッケージを開けたのに返品できるのもありがたかったですが)

他に選択の余地がないのでこの電池を買って使いましたが、
たった3枚撮影したところでお亡くなりになりました。
ま、撮影できただけまだましなんですかね。

ただ、タイの場合田舎でも、セブンイレブンでは、
ちゃんとアルカリの強力な電池を売っています。
写真は、セブンイレブンで撮ったもの。




○ 前夜祭の売り物の電飾船。この翌日のド派手さに比べたら全然たいしたことはなかったです。





○ コームロイ(コームファイ)。タイのお祭りではもう定番のようですね。
カップルが願いを込めてあげます。





○ 夜店で不思議なものを見つけました。お札をヒモに次々とホッチキスで貼り付けてます。日本でおみくじを木にくくりつけるようなものでしょうか。




○ タムブン(本物のタムブン。笑)の記帳ですかね



○ ショーはすごい人出です。



○ ショーの一部はタイダンスです。



○ 子供用遊園地がありました。



○ なんと遊園地の真ん中にはお墓。笑







○ サブ・ステージでのショー 大型プラズマビジョンで複数中継されてるのが驚き。
また、メインステージの音も聞こえてきてます。このポリフォニーがタイらしいですね。





○ 気になるトイレは、有料と無料がありました。
どちらもそれほど汚くはなかったです。






○ 満席ですが、ビールなどを買えば席を作ってくれます



○ 満月がきれいです。満月の晩のイベントなので。



○ 母親に促されて私と握手した女の子です。10年後には凹売りでしょうか。笑



○ アイスが好きな娘





○ 幻想的なショーのフィナーレ

















○ ノンカイ 街の屋台






○ 街の屋台はバンコクに比べれば、店はまばらで客も少ないです。
のどかというか、さみしいくらいです。






○ メニューは英語併記。屋台らしからぬ結構立派なメニューです





○ 一応この界隈がノンカイのナイトスポットだそうで。苦笑












凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

タイ情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

フィリピン情報ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング
コメントを投稿