2009年11月3日火曜日

経済学に革命を起こす男








たまには経済に関するエントリもいれてみましょう。

うちの会社的には、実は今年の半ばくらいから景気の底は打っています。
2009
年の第三四半期からは予算もかなり増えています。
業績はかなりの程度回復していて、先の見通しもとりあえず明るいということになっています。

好調な業績を牽引しているのは、実は APAC (アジア太平洋)地区。
NA (
北米) EMEA (ヨーロッパ、アフリカ、中近東)の連中からは
日本、景気よくてうらやましいな~。」と言われます。

ただ、日本に住んでいると、そんな実感、全くありません。
ニュースなどでは暗い話しか聞きませんしね。

ま、APAC という括りが味噌で、APAC には、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの中国
China
様が入りますから。
いまやうちの会社的にも成長は中国頼みですよ。

ま、EMEA NA の連中からしたら中国も日本も一緒くたなので
日本も景気よく思えるんでしょうけどね~。

というわけで、斜陽まっしぐらの日本経済ですが
我らが大先生、寒汰(さむた)!!! は解決のための処方箋をもちあわせています!!
経済学者の皆さん、注目ですよ。

寒汰大先生によると、日本経済をよくするには

自給自足経済が一番いい!!
日本は農業を主力産業にすべき!!

なんだそうです

勘違い大魔王である寒汰氏の言うことは、あらゆる点でおかしいと思っていましたが
まさか経済学の根幹である比較優位まで否定するとは思いませんでした。笑

どんなけ大胆な経済論ですか。笑

さらに寒汰氏は言います。

カネは自国内のみで還流し、国外に出て行かないのが理想の状況


それって、ブロック経済
いや、鎖国なんですが。爆

鎖国が理想って何百年前の思想ですか。笑
これだけ FTA が盛んな時代に、鎖国を唱えるとは、
やっぱり時代を超越した男の言うことは違いますね!

ブロック経済は戦間期に世界経済を停滞させ
第二次世界大戦の原因となったんですが、そんな経済史上に残る悲惨な出来事は
完全に無視ですか。
かっこよすぎですね。笑

ま、寒汰氏は、10円をケチるために数時間を費やして「俺、得した!!」という人ですからね~。
(機会費用の概念を全く理解していない。笑)

いやあ、近代経済学を完全に超越した経済学者、
寒汰氏にはリカードもケインズも、サミュエルソンも真っ青。
寒汰氏は来年のノーベル経済学賞間違いなしですね。笑

ただね、寒汰氏、一つだけ言っていいかな。

フィリピンで暗黒凹を買いあさっているようじゃ自給自足になりません。
自給自足を唱えるからには
凹も自国製品を愛用 してくださいよ。

大丈夫、タイのアラブ専門格安凹に凸凹を拒否され、
札幌のススキノのソープランドでも凹嬢に
裸足で逃げられた寒汰氏でも、
日本製凹(!) と凸凹できる素敵なプランがあります!

しかも、寒汰氏好みの超格安プランです。

それはね、そのプランというのは、

寒汰氏にぴったりのプランとはね......

もう人間の女性は、あきらめて





近所の野良猫と凸凹 することです!爆

コスト的にも寒汰氏のお好みです! 毒笑
キャットフード代だけで済みますから。
もう10ペソ単位で暗黒フィリピン凹を値切らなくてすみます!

大丈夫、野良猫だって純然たる日本製ですよ~。
やっぱり自国製品愛用、大事ですよね~。
(
ま、ア○ヌ人種である寒汰氏は日本人ではないんですが)



ちなみに、寒汰氏は結婚式は
百均のローソクと二百ペソの安チキン !!
行いたいそうです。爆

彼のブログを読んだ時、思わず吹きましたよ...
何のための結婚式ですか?
新婦に恥をかかすためのが目的ですか?

(
世界のどこに行っても、近代化されていない人たちほど、儀礼を豪奢にしたがるのですが
寒汰氏はもちろん、そんな世界的な常識は軽く無視しています。笑)

ま、百均のローソクと二百ペソの安チキンで結婚式をするなんて言ったら
普通はぶっ殺されるでしょうね。
それ以前に寒汰氏には人間の嫁の来手がいません。

しかしね、野良猫なら、百均で買ったキャットフードでも喜んでくれます!!





やっぱり寒汰氏には、心汚れた日本人女性の凹も、暗黒フィリピン凹も似合いません。
和製野良猫の凹がぴったりですよ。あはははは。

愛ラブ寒汰(さむた)氏! 

今日もブログでのお笑い情報の提供、楽しみにしていますよ~。笑

(
※ 寒汰氏のお笑い情報、提供ありがとうございました > Kさん & Tさん)






凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック


全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック



コメントを投稿